実写版アラジン、日本語吹替に中村倫也ら

2019.4.10 06:00

映画『アラジン』プレミアム吹替版で、王女ジャスミンを演じる木下晴香(左)とアラジン役の中村倫也

(写真1枚)

ディズニー・ルネサンス時代に公開され、世界中で大ヒットを記録した映画『アラジン』(1992年)。その実写映画のプレミアム吹替版に、俳優・中村倫也とミュージカル女優・木下晴香が抜擢された。

プレミアム吹替版とは、セリフも歌も完全に吹き替えをした日本語版のこと。今回の映画『アラジン』では、演技力と歌唱力を兼ね備えたキャストとして、アラジン役に中村、ヒロイン・ジャスミン役に木下の起用が決まったという。

中村は「自分が携わる仕事で、感じたことのない感動がありました。完成版を観たとき、珍しく鳥肌が立ちました」とコメント。木下も「数あるディズニーの作品のなかでも本当に大好きな作品のひとつで、まだどこか信じられていない自分がいる」と語った。

同映画は、「アラビアンナイト(千夜一夜物語)」をベースに描かれた、魔法のランプを手にしたアラジンと、自由を求める王女ジャスミンが織りなす愛と冒険の物語で、6月7日から公開される。

映画『アラジン』

2019年6月7日(金)公開
監督:ガイ・リッチー
出演:メナ・マスード、ナオミ・スコット、ウィル・スミス
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本