泉佐野市長「ふるさと納税チームの企画」
2019.3.28 5:00

大阪府泉佐野市が子どもを対象に企画した、レゴ(R)の作品コンテスト『オモロいスベり台選手権』。その表彰式が27日におこなわれ、千代松大耕泉佐野市長が登場した。

表彰式に登場した、千代松大耕泉佐野市長(27日・大阪市内)画像一覧

先日、「ふるさと納税」を巡る総務省との攻防で話題となった泉佐野市。これまでAmazonギフト券などを返礼品に加えて全国1位の寄付額を集めていた同市は、「返礼品は地元の特産品のみ」という規制がはじまるまでの3月中にギフト券を使った「100億円還元閉店キャンペーン」をスタート。総務省から一部の交付金を減額されながらも、その大胆不敵なアイデアで泉佐野市の名を全国に広めた。

この日登壇した千代松市長は、「『ふるさと納税』を全国1位にしたチームが、今回のイベントを企画しました」と挨拶。同コンテストは、泉佐野市在住の子ども達から作品のアイデアを募り、選ばれた10人が大阪市・天保山で作品を制作。グランプリを決めるというものだった。

「子どもたちに創造力を養ってほしい」との思いから企画された同イベント。作品を見た泉佐野市長は、「大勢の人が参加し、アイデアを考えてくれたことをうれしく思う。今後は子どもたちの教育に力を入れていきたい」と力強く語った。

『オモロいスベり台選手権』

URL:http://www.suberidai-senshuken.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ