京都で小豆祭、東本願寺の限定饅頭も

2019.3.25 12:00

写真右下が、2018年も人気だった「京都吉兆」の鯛赤飯

(写真2枚)

京都の名店によるお菓子や食が勢揃いする『あずきフェスタ』が3月30日から、真宗大谷派の「東本願寺」の飛地境内地「渉成園(しょうせいえん)」(京都市下京区)で開催される。

浄土真宗の宗祖である親鸞(しんらん)が好きだったと伝わる小豆を主役とした同イベント。2018年の初回時が人気だったため、今年は期間も2倍となり、さらに充実した企画内容になるとのこと。

名料亭「京都吉兆」の鯛赤飯、「coffee山川」のようかんサンドなど約9軒に加え、イベント限定となる「東本願寺」の焼き印入り蒸し立てまんじゅう(1個100円・各日200個)を初めて実演販売。ほかにも、あずき豆つかみゲームや日替わり体験コーナーがおこなわれる。

桜の木が50本植えられている渉成園。写真は満開時
桜の木が50本植えられている渉成園。写真は満開時

期間中は桜が見頃と予想されているため、二重に楽しめそうだ。場所は渉成園(枳殻邸)内、大玄関前など。期間は4月4日まで、9時から16時半まで(最終日は正午まで)。入園には庭園維持寄付金として500円以上必要。

『あずきフェスタ』

期間:2019年3月30日(土)〜4月4日(木)
時間:9:00〜16:30(4/4は〜12:00)
会場:渉成園(京都市下京区下数珠屋町通間之町東入 東玉水町)
料金:庭園維持寄付金500円以上
電話:075-371-9191

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本