アートなスタバなど、京都BALが新改装

2019.3.14 11:00

若手作家のアート作品が配置された「スターバックス」の店内イメージ

(写真3枚)

商業施設「京都BAL」(京都市中京区)がリニューアル。店ごとに異なる空間デザインを施した、個性的な4つのショップ空間が3月20日からオープンする。

2015年に全館建て替えをおこない、地下2階から地上6階まで合わせて3650坪もの広さとなった同施設。2019年1月には大規模リニューアルが発表され、少しずつ変化を見せていた。

第2弾となる今回のリニューアルでは、芸術家・名和晃平が代表を務める京都のクリエイティブチーム「SANDWICH」がスターバックスの新店舗をディレクション。支援の意味も込めて、若手アーティストによる80以上の作品を店内に配置したアート空間となる。

そして、祇園で140年の歴史を持つ老舗履物匠「ない藤」、シックな素材でストリートファッションを再現する「ジュリアン デイヴィッド」、女性向けのアパレルショップ「アンシェヌマン ユニ ポワン ド ミニョン」などの新店舗も、各ブランドの世界観を追求したこだわりの内装で登場。また、2019年夏にもさらなる新店舗がオープンする予定だ。

「京都BAL」

2019年3月20日(水)リニューアル
住所:京都市中京区河原町通三条下ル山崎町251
営業:11:00~20:00(一部店舗除く)
電話:075-223-0501

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本