宙組・真風涼帆の粋なオーシャンズ11
2019.3.11 18:30

「スタイリッシュ」と評判の宝塚歌劇団宙組が、今春挑むミュージカル『オーシャンズ11』。春の宝塚大劇場公演は、ひと際華やかになりそうだ。

映画ではジョージ・クルーニーが演じたダニー・オーシャン役の真風涼帆。スーツの着こなしも抜群で、「男役の真骨頂ここにあり」という輝きを予感させる
映画ではジョージ・クルーニーが演じたダニー・オーシャン役の真風涼帆。スーツの着こなしも抜群で、「男役の真骨頂ここにあり」という輝きを予感させる画像一覧

ハリウッドスターが豪華共演した映画『オーシャンズ11』を、『エリザベート』などの演出家・小池修一郎が、2011年に星組で世界初ミュージカル化。ラスベガスのカジノホテルで金庫破りに挑む11人の男たちのスリリングな活躍を、イリュージョンなどを盛り込んで、躍動感たっぷりに描く。

主人公の天才詐欺師ダニー・オーシャンを演じるのは、宙組トップスター・真風涼帆。初演ではスリのライナス役を好演し、若手だけで上演した新人公演ではダニー役を務めるなど、当時から華のある男役スターだった。いまや「流し目キラー」と言える大人の色気を備えた真風が、妻・テスへの愛ゆえに大胆な計画を実行する男の美学を、粋に魅せるはず。

ヒロインのテスは、トップ娘役の星風まどか。またダニーの10人の仲間も個性的で、個々の見せ場が多いのも特長。ダニーの親友ラスティーは、星組在籍時に新人公演で同役を演じた芹香斗亜。聡明かつ茶目っけのあるラスティーを魅力的に演じ、真風とも息ぴったりだろう。

犯罪アクションドラマにとどまらず、男女の愛憎や友情が色濃く表現され、爽快な余韻のある宝塚版。仲間を鼓舞するナンバー『JUMP!』といった楽曲や、映像を駆使したスピード感ある演出に、再演でどのような趣向が凝らされるのか楽しみだ。

公演は「宝塚大劇場」(兵庫県宝塚市)にて、4月19日から5月27日まで。チケットは3月16日より発売。

文/小野寺亜紀

宝塚歌劇宙組公演 ミュージカル『オーシャンズ11』

日程:2019年4月19日(金)~5月27日(月)
会場:宝塚大劇場(兵庫県宝塚市栄町1-1-57)
料金:SS席12000円、S席8300円、A席5500円、B席3500円
電話:0570-00-5100(宝塚歌劇インフォメーションセンター)
チケットは、2019年3月16日(土)より発売
URL:https://kageki.hankyu.co.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ