人気の「串カツ田中」、安さの理由とは?
2019.3.5 20:30

MBSのグルメバラエティ『水野真紀の魔法のレストラン』。6日の放送回では、大阪を代表するソウルフード・串カツの人気店を徹底比較する。

左から、水野真紀、ロザン菅、いとうあさこ、キャベツを食べまくっていたV6長野博画像一覧

番組では、いとう&ロザン菅チームと、V6長野&ロザン宇治原チームに分かれ、串カツ人気店の謎に関してクイズで対決。串カツを大阪名物として世に知らしめた、創業90年の「串かつだるま」で、「全18店舗中『ルクア大阪店』だけに存在しないものとは何?」というクイズが出題される。

いとう&菅チームは「会長の人形」、長野&宇治原チームは「入口の人形」と両チームともに同じ答えで、正解。「串かつだるま」の上山会長はその理由を「コレ(=人形)は置かんといてくれ。イメージが悪くなる」とルクア側に断られたことを自ら説明した。

今や200店舗以上を展開し、全国で最も勢いのある串カツチェーン「串カツ田中」では、「安さを守るために諦めている、普通の串カツ店では当たり前のことは?」というクイズ。菅は「バイトの質」、いとうは「店内の掃除」とボケると、長野も「換気」と答えて爆笑をさらう。答えは「キャベツ食べ放題がない」で、敗れた宇治原は長野に対して「カメラ回ってへんところであんなにキャベツ食べてたのに、何で思いつかなかったん?」と、詰問。VTRをチェックしてみると長野は11枚もキャベツを食べており、「タダだと思ってたから。有料だったらあんなに食べなかった」と釈明した。この模様は3月6日・夜7時から放送される。

MBS『水野真紀の魔法のレストラン』

放送:2019年3月6日(水)・19:00〜20:00
URL:https://www.mbs.jp/mahou/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ