北村一輝「この顔だし、ヒロインは無理」
2019.2.23 9:00

平成31年度後期の連続テレビ小説『スカーレット』(NHK)の主要キャストが21日、「NHK大阪放送局」(大阪市中央区)で発表。ヒロイン・川原貴美子(戸田恵梨香)の父・常治役を北村一輝が演じる。

大河ドラマ『天地人』の制作チームにいたのが本作の制作統括である内田ゆきプロデューサー(左)。北村は、「責任、プレッシャーに負けないようがんばりたい」と話す
大河ドラマ『天地人』の制作チームにいたのが本作の制作統括である内田ゆきプロデューサー(左)。北村は、「責任、プレッシャーに負けないようがんばりたい」と話す画像一覧

10年前、大河ドラマ『天地人』(2009年)に出演していた北村。「(NHKのトーク番組)『スタジオパーク』で、次の目標は朝ドラに出演することだと話していた。そのときはヒロインがいいと言ってたんですか、この顔だしヒロインはむりだなと(笑)」と自虐的に話すも、今回の出演は「大変うれしく思っております」と喜ぶ。

「朝からこんな顔で出て良いのかといろいろ考えながらも、今まで共演されたことのある方も大勢いますし、また、良い雰囲気でできそう。ひとつの物作りとして、みんなで協力できるよう、座長(戸田)についていこうと思っております」と意気込みを話した。放送は9月30日からスタート。

連続テレビ小説 第101作『スカーレット』

URL:https://www.nhk.or.jp/

  • facebook
  • twitter
  • はてブ