横尾忠則が神戸で公開制作、過去作品も
2019.2.5 7:00

美術家が観客の前で制作するのを「公開制作」と呼ぶ。これを積極的におこなってきたのが横尾忠則だ。そんな彼の公開制作作品・約60点からなる展覧会が「横尾忠則現代美術館」(神戸市灘区)で開催中。初日の26日には、公開制作もおこなわれた。

1月26日の展覧会初日に公開制作がおこなわれ、大勢の観客が詰めかけた。この作品は2階展示室で見ることができる画像一覧

1980年代にグラフィックデザイナーから画家へ転向した横尾。当時は絵を描くのに十分なアトリエを持っておらず、制作場所を求めてやむなく取った手段が公開制作だったという。ところが、いざ公開制作をやってみると、「人に見られることでかえって余計な自我やこだわりが消え、無心になれる」ことがわかったという。ゆえに今日までさまざまな場所で公開制作をおこなっている。また横尾は、公開制作を演劇に例える。創造の現場を見つめる観客と、その熱気やエネルギーを糧に制作する横尾。両者の間に成立するスリリングな共犯関係は、まさに一期一会の舞台と言えるだろう。

第2幕「2004-2012:Y字路が事件を呼ぶ」会場風景。作品のほか、多数の記録映像を縦横に配した会場構成が斬新画像一覧

本展では演劇にならって2幕と幕間の3部で展覧会を構成。第1幕では公開制作を始めた1980年代の作品が並び、地図のない航海に乗り出した作家が放つ、圧倒的なパワー と熱量を体感できる。幕間では、1990年代、第2幕では2000年代以降の作品を紹介。彼の代表作の一つ「Y字路」をはじめとする作品が見られるほか、記録映像などの資料も豊富に展示されている。作家の制作に対する姿勢や創造のプロセスがダイレクトに伝わる、とてもエネルギッシュな展覧会だ。期間は5月6日まで、料金は一般700円。

取材・文・写真/小吹隆文(美術ライター)

『横尾忠則 大公開制作劇場~本日、美術館で事件を起こす』

期間:2019年1月26日(土)~5月6日(月・振替休日)※月曜休(2/11・4/29・5/6開館、2/12休館)
時間:10:00~18:00(金土曜~20:00)※入場は閉館30分前まで
会場:横尾忠則現代美術館(神戸市灘区原田通3-8-30)
料金:一般700円、大学生550円、70歳以上350円、高校生以下無料
電話:078-855-5607
URL:http://www.ytmoca.jp/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ