コンビニ初、なだ万監修の恵方巻が登場
2018.12.18 12:00

2019年の節分に向け、全国の「ローソン」(ローソンストア100除く)では12月18日から「恵方巻」の予約を開始。1830年創業の老舗日本料理店「なだ万」が監修した恵方巻が登場する。

なだ万監修の「恵方巻 舞」(780円)、「海鮮恵方巻 華」(1580円)
なだ万監修の「恵方巻 舞」(780円)、「海鮮恵方巻 華」(1580円)画像一覧

今年に販売した恵方巻では、「神戸牛すき焼き恵方巻」や「極上海鮮恵方巻」などの800円以上の商品の販売が好調だったというローソン。そんな背景から今回新たに「なだ万」が監修し、特製のだしで味付けした玉子焼や脂ののった穴子を入れた「恵方巻 舞」(780円)や、本ズワイガニ、車海老、いくらなどを贅沢に使用した「海鮮恵方巻 華」(1580円)を発売。コンビニで「なだ万」監修の恵方巻を発売するのは初めてのこと。

そのほか、人気キャラクター・リラックマとコラボレーションした「リラックマ恵方巻セット」や「節分 なが~いリラックマロール(チョコバナナ)」など、恵方巻を合計6種、節分そばを3種、節分スイーツを4種、節分和菓子を2種発売。すべての恵方巻には、京都府にある「音羽山清水寺」で祈祷を受けた縁起の良い海苔を使用している。ちなみに2019年の恵方は「東北東」。

  • facebook
  • twitter
  • はてブ