関西初、異例の真っ黒メニューのカフェ
2018.12.12 19:00

東京で人気を集める、黒いメニューのカフェ「by BOOK AND BED TOKYO」が、大阪・心斎橋に12月8日オープン。オープンから連日、若い女性を中心に行列ができている。

手前からKOBORERU LATTE550円、KOBORERU FRUIT SAND580円。味はバナナかイチゴの2種。KOBORERU SANDはアボカドかピザ味から選べる
手前からKOBORERU LATTE550円、KOBORERU FRUIT SAND580円。味はバナナかイチゴの2種。KOBORERU SANDはアボカドかピザ味から選べる画像一覧

「泊まれる本屋」がテーマの宿泊施設「BOOK AND BED TOKYO」(12月13日開店)に併設されている同カフェ。新宿、浅草に続く出店となり、「飲食店が本業ではないので、あえてほかの飲食店が避けるであろうテーマに。色くくりにしました」と担当者が語る通り、どの店舗のドリンクもフードも竹炭などを使って真っ黒に。

構えるのはビル3階と外から分かりづらい場所にもかかわらず、20代前半から後半の女性で常に満席状態。東京のお店を知っていて関西で待ち望んでいた人、インスタグラムで知った人などが訪れているのだいう。メニューは「ブラックスムージー」(550円)、「ブラックコーヒーゼリーミルク」(600円)などが並び、同店では京都のフルーツサワーが話題となった「sour(サワー)」(京都市中京区)とのコラボメニューも。

コーヒーは大阪初登場となる「Coffee Supreme」の豆を使用
コーヒーは大阪初登場となる「Coffee Supreme」の豆を使用画像一覧

こちらでは「こぼれる」をテーマにした、真っ黒なパンのサンドイッチには、黒のクリームがこぼれ落ちていたり、ドリンクもあふれていたりと驚きのビジュアルのメニューも。「チーズがとろけ落ちていたりする様子に『おいしそう』と感じるので、その感覚を活かして」ということで、その策略は当たり、撮影する人々が続出している。フルーツサンド(いちごかバナナ)は580円。営業時間は11時から20時まで。

「by BOOK AND BED TOKYO 心斎橋店」

2018年12月8日(土)オープン
住所:大阪市中央区東心斎橋1-19-11 ウナギダニスクエア3F
営業:11:00〜20:00
URL:http://bookandbedtokyo.com

  • facebook
  • twitter
  • はてブ