【追悼】勝谷誠彦さん、地元大阪での素顔

2018.11.30 20:00

月刊誌『Meets Regional』(2011年12月号)より、在りし日の勝谷誠彦氏(写真/okajimax)

(写真4枚)

「待つ側の気持ちがよく分かっていた」

その後、何度もカツヤさんと飲むことになるのですが、キレがいいと言いますか、しつこく長っ尻では飲まない。毎朝メルマガを配信していたこともあって、遅くとも21時までには解散、というのがカツヤさんとの飲みのパターンでした。良くも悪くも、せっかち。そういう意味では、カツヤさんと飲みに行くのは、終わりが見えているので気楽ではありました。ただちょっとでも筋の通らないことを言うと、ビシビシ突っ込まれるので緊張感はありましたけれども。

月刊誌『Meets Regional』(2011年12月号)より、在りし日の勝谷誠彦氏(写真/okajimax)

せっかち、なのはすべてにおいてで、連載の締め切りに遅れるどころか前号の作業が終わってないのに、次号の原稿が来てしまうという素早さでした。カツヤさんがよく言っていたのは「いつ来るかどうかもわからない原稿を待つのはシンドイやろ?」でした。自身が編集者だったこともあって、待つ側の気持ちがよく分かっていたのでしょう。

連載のほかに、特集ページに登場してもらうことも、しばしばありました。そのときも、「こうしたほうがオモロイやろ」と次々にアイデアを出してくれました。もちろん、せっかちなので、そのアイデアに対してこちらが素早く反応しないと怒られるのですが。いずれにせよ、読者を楽しませるためにはどうしたらいいか? を常に考えられていたように思います。

『Meets Regional』

毎月1日発売・特別定価500円
編集・発行/京阪神エルマガジン社

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本