荒木飛呂彦、関西の漫画家に発憤した過去
2018.11.23 21:00

漫画家・荒木飛呂彦が、11月25日から「大阪文化館・天保山」(大阪市港区)で開催される関西初の『荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋』の記者会見に22日登場。展示内容や、関西にまつわるエピソードを披露した。

会場に登場した荒木飛呂彦氏。《裏切り者は常にいる》の作品前にて  Ⓒ荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
会場に登場した荒木飛呂彦氏。《裏切り者は常にいる》の作品前にて
 Ⓒ荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
画像一覧

仙台出身の荒木は、「本当に出不精で、好奇心はあるけれど、知り合いがいない限り旅行に行きたいと思わない。だから、大阪は和歌山に行くときに乗り継いだぐらいで」と話し、イベントで来阪するのは今回が初めてとなる。

会見では、荒木が漫画に本気を出したきっかけについて告白。「僕はのんきな漫画好きの高校生だったんですが、大阪出身の漫画家さんがデビューして、あっと言う間に『週刊少年ジャンプ』するようになって。調べてみると高校生だと言うんですよ。で、のんきにしていてちゃダメなんだなという気持ちが芽生えてきまして、夏休みに『集英社』に持ち込むようになりました」と、漫画家への第一歩について語った。

『スタンド使いはひかれ合う』では、150体以上のスタンドとスタンド使いを紹介 Ⓒ荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
『スタンド使いはひかれ合う』では、150体以上のスタンドとスタンド使いを紹介 Ⓒ荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社画像一覧

「その漫画家さんは、ゆでたまご先生。『キン肉マン』を描かれた先生なんですけれど、ほぼ同い年なのに傑作を描かれていて、30代、40代もすばらしい漫画家の先生で。目の前というか上にいるというか、いつも目標を示してくれていて、そういう存在がいるというのは本当に幸せで。本日、JOJO展が大阪の土地で開催させていただくというのは感慨深い思いがある。ここに来れたことが、本当に幸せだと思います」と、喜びを語った。

 文房具、Tシャツ、浴衣など様々なグッズを販売。写真はレロレロキャンディ600円(1人2個まで) Ⓒ荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

文房具、Tシャツ、浴衣など様々なグッズを販売。写真はレロレロキャンディ600円(1人2個まで)
Ⓒ荒木飛呂彦&LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
画像一覧

原画展では、2017年で誕生30周年を迎えた『ジョジョの奇妙な冒険』の集大成として、主人公やライバル、戦闘シーンの原画、アーティストとの映像や彫刻のコラボ作品、今回のために描き降ろした12枚の大型原画などが展示される。期間は11月25日から2019年1月14日までおこなわれ、チケットは一般1600円(11/24までは前売券で一般1400円)。土日祝と年末年始のみ時間指定となり、詳細は公式サイトにて。

『荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋』

期間:2018年11月25日(日)~2019年1月14日(祝・月)
時間:10:00~20:00
会場:大阪文化館・天保山(大阪市港区海岸通1-5-10)
料金:前売(~11/24まで)…一般1400円、大学生1000円、高校生600円
11/25以降…一般1600円、大学性1200円、高校生800円
(すべて土日祝は日時指定・12/31~1/4は祝日扱い)
電話:06-6574-2323
URL:http://jojoex-2018.com

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ