加山雄三展が大阪で、トークショーも

2018.11.15 06:00

展覧会のエントランス、入場無料

(写真5枚)

俳優・ミュージシャン・芸術家として多彩に活動する若大将こと加山雄三。そんな彼のアート作品を中心に、これまでの軌跡を辿る企画展が、「阪急うめだ本店」(大阪市北区)で11月14日にスタートした。

加山は1937年に神奈川県生まれ、映画『男対男』でデビュー。2020年には芸能60周年を迎え、80歳を超える今も勢力的に活躍。今回の展示では、彼が愛する海をはじめとした油彩画や水彩画、陶器、書、版画などが展示販売される。

また、「FILM」「MUSIC」「LIFE」と3つのテーマに分けて、映画衣裳やステージで使用したギター、過去の映像、若かりし頃から現在の姿までの写真、自身の鉄道模型コレクションなどを紹介。改めて彼の才能や趣味の幅広さを実感できる内容となっている。加山世代はもちろん、若い世代の男女も初日から訪れていて、展示をじっくりと眺めていた。

さまざまな海が描かれている
さまざまな海が描かれている

11月18日・15時からは、加山本人による『ミニトークショー』(無料)も開催予定。当日10時10分から「阪急うめだホール」入り口で入場整理券が先着270名に配布される。期間は11月19日まで、入場無料。

『加山雄三の世界展』

期間:2018年11月14日(水)~19日(月)
時間:10:00~20:00(金・土曜は~21:00、最終日は~18:00)
会場:阪急うめだ本店 9階 阪急うめだギャラリー(大阪市北区角田町8-7)
料金:入場無料
電話:06-6361-1381

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本