USJや女性客ターゲット、コンテナ宿

2018.10.31 07:00

住宅街の一角にある遊休地に登場。真っ黒なコンテナが並び、フロントももちろんコンテナ

(写真9枚)

大阪市此花区に貨物輸送用コンテナを客室とした宿泊施設「TORACO Konohana(トラコ コノハナ)」が、10月31日にオープン。北欧風や西海岸風など各部屋のインテリアに趣向を凝らし、20~30代女性やファミリー層をターゲットとする。

「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の隣駅・安治川口駅の住宅エリアの遊休地に登場した、全5棟(2~5名)という小規模な同施設。外から見るとまさにコンテナだが、一歩入れば小さなキッチン、シャワー、トイレも付き通常の客室と変わらない造りに。また、断熱材などを使用し、一般的な宿と変わらない居心地を目指したという。

2基連結した2段ベッドがある「インダストリアル」では5人で宿泊可(1人はソファベッド)
2基連結した2段ベッドがある「インダストリアル」では5人で宿泊可(1人はソファベッド)

「コンテナであれば移動も可能で、建設期間が短いのも魅力。そのため遊休地で数年単位での営業もできるので、新しい提案になれば」と担当者は話し、カジュアルな価格帯で泊まれる宿泊施設として今後も展開していきたいとのこと。

女性向けを意識し、敷地内にはアーティスト・越ちひろさんが描いたフォトスポットがあったり、部屋にはフットマッサージ機なども完備。宿泊料金は2人用コンテナで1棟1万円前後、4人用で2万円前後を予定(繁忙期除く)。チェックインは午後3時、チェックアウトは昼の12時と通常のホテルよりも長めのステイを楽しめる。

「TORACO Konohana」

住所:大阪市此花区島屋3-2-20
電話:06-7506-9869

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本