スカパラ路上ライブ、目前の演奏に大興奮

2018.10.29 21:30

1000人もの観客が踊った東京スカパラダイスオーケストラの路上ライブ(27日、大阪市内)提供:FM802 撮影:小杉歩、渡邊一生

(写真7枚)

日本を代表するスカバンド・東京スカパラダイスオーケストラが10月27日、大阪・茶屋町の商業施設「NU茶屋町」(大阪市北区)横の道路に設置された特設会場で、ストリートライブを敢行。直前の発表だったにも関わらず1000人もの人々が詰めかけ、大盛り上がりのステージとなった。

ライブの直前におこなわれたFM802の公開収録で、「大阪でこういう風にストリートライブをやるっていうのはほとんど聞かないし、かなり画期的ですよね。思う存分やりたいと思います!」と笑顔で語っていた彼ら。道路に敷かれたレッドカーペットのステージに登場し、1曲目の『スキャラバン』を披露すると、ありえない距離の近さでおこなわれるパフォーマンスに観客は大興奮。たまたま通りかかった人も「なんだなんだ」とスカの迫力ある音につられて集まり始めると、腕を交互に振るスカダンスを踊りながら一体となって盛り上がり、ライブの楽しさを改めて実感できる光景が広がった。

「最高だ!」と叫ぶバリトンサックスの谷中敦(27日、大阪市内)提供:FM802 撮影:小杉歩、渡邊一生

「やばい!」「かっこいい〜!」と観客が叫ぶなか、バリトンサックスの谷中敦が「もう最高だ、集まってくれてありがとう! こんなこと滅多にないからな! 思いっきり盛り上がってくれよ!」と煽り、キリン「氷結」のCMソングでもおなじみの『Paradise Has No Border』のイントロを演奏すると、会場のボルテージは最高潮に。メンバーも演奏しながらステージを縦横無尽に練り歩いた。

手が触れるほどの距離で演奏する東京スカパラダイスオーケストラ(27日、大阪市内)提供:FM802 撮影:小杉歩、渡邊一生

「やばいね!」「デビュー当時はよくストリートライブやってたから思い出すね」「こういうのやりたかった〜、うれしい!」とメンバーも興奮気味に話し、その後『This Challenger』『DOWN BEAT STOMP』を披露。拍手と歓声が鳴りやまないなか、伝説となるだろうストリートライブの幕が閉じた。この日訪れた、10年来のファンだという女性2人組は「(スカパラの)一員になったのかと思うくらい近かった。スカパラはいつも最高に楽しませてくれるから大好き」と興奮がおさまらない様子だった。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本