止まらない進化、奈良ラーメン厳選4店
2018.10.26 12:00

ダシや製麺、具材に調理方法まで、すでに行き着くところまで行った感のあるラーメン。しかし、理想を追い求める店主のこだわりは、今なお尽きることない。それは奈良のラーメン界でも同じ。濃厚豚骨や泡立つ鶏ポタ系など、独特の潮流が生まれた奈良のラーメン進化は、まだまだ止まらない!

取材・文/曽束政昭 写真/竹田俊吾

さっぱり派もこってり派も、ダシの旨さはしっかり派。
「下品なぐらいダシのうまいラーメン屋」の「飛魚(あご)だし熟玉そば」(880円)

「下品なぐらいダシのうまいラーメン屋」の「飛魚(あご)だし熟玉そば」(880円)画像一覧

大阪・豊中の「島田製麺食堂」など多くの店を手がけるハイパーラーメンクリエイター・島田隆史氏によるプロデュース。飛魚ダシ、アジニボシ、鯛アラなど、魚介系充実のラインアップ。肉汁からあげやご飯ものなどサイドメニューも豊富でテーブルメインの店内は、ラヲタ(ラーメンオタク)のみならずカップルからファミリーまで間口も広い。

こちらの「飛魚(あご)だし熟玉そば」は、焼きアゴ煮干しと鶏節と、青口イワシの煮干しまで盛り込んだ、魚介ふんだん系のスープに、ほろりと崩れる柔らか豚バラチャーシュー。水菜や刻み玉ネギでさっぱりさせながらもコクしっかりの味わいが光る優等生。熟玉なし780円。

【これも食べたい】
濃厚派なら鶏白湯と炙った鯛アラダシの香ばしいおいしさ、「トリュフ香る鶏と鯛の熟玉そば」(862円)を。熟玉なしは769円。レモンをつつけば爽やかな風味が広がる。

「下品なぐらいダシのうまいラーメン屋」の「トリュフ香る鶏と鯛の熟玉そば」(862円)画像一覧

「下品なぐらいダシのうまいラーメン屋」
住所:奈良県北葛城郡広陵町馬見北1-7-21 中川ビル1F
電話:0745-55-9919
営業:11:00~15:00、18:00~22:00 火曜休
カード不可 P10台
https://twitter.com/dashinoumai

 

自家製麺に魚介と鶏のおいしさがまったり絡む。
「MENYA BIBIRI」の「特選魚介鶏そば」(980円)

「MENYA BIBIRI」の「特選魚介鶏そば」(980円)画像一覧

大阪の有名店で修業したオーナーの店、京終(きょうばて)の「麺屋NOROMA」2号店。鶏白湯のバランスの良さは本店と同じハイレベルで、しなやかでツルリとした表面の麺は、噛めばモチモチとした食感も楽しめる。「とりにぼつけ麺」など限定麺も随時登場するため、目が離せない注目株。大阪からでものんびり近鉄電車で通いたくなる店。

こちらの「特選魚介鶏そば」は、サバ節、煮干し、帆立干し貝柱などの魚介系と地鶏を合わせたスープに、まろやかな特製かえし、国産小麦の自家製麺を合わせる。スムーズに喉を過ぎる麺とスープのバランスも良く、スルリと完食できるおいしさ。

【これも食べたい】
「特製まぜそば」(1000円)。角切りブロックチャーシュー、レアチャーシューも2枚、濃いタレが絡む。最後に追いめし小(100円〜)推奨。

「MENYA BIBIRI」の「特製まぜそば」(1000円)画像一覧

「MENYA BIBIRI」
住所:奈良県奈良市七条町165-1
電話:0742-31-4999
営業:11:00~15:00、18:00~22:00 月末日の夜休
カード不可 P20台
http://menya-bibiri.net

1 2

MOOK本『奈良の本』

2018年10月2日(火)発売
北の拠点・奈良公園周辺はコンパクトな街に見どころが凝縮ゆえ、つい日帰りになりがちだけれども、今回はエリアを細分化してゆっくり過ごしたくなるテーマでご紹介。ほかにも、奈良市内から日帰り至便な近場の街、自然が極上の癒やしになる奈良県南部の泊まりがけエリアも手厚くフォロー。奈良を遊び尽くす1冊です! 950円。
URL:https://www.lmagazine.jp/mook/MOOK6190727/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ