TauT阪急洛西口、高架下1kmに誕生
2018.9.21 15:00

関西の大手私鉄「阪急電鉄」(代表:角和夫)は、京都市とともに開発を進めている阪急京都線・洛西口~桂駅間の高架下エリア「TauT(トート)阪急洛西口」・第1期エリアを10月22日にグランドオープンすると発表した。

10月22日に第1期エリアがオープンする「TauT(トート)阪急洛西口」(イメージ)画像一覧

「TauT阪急洛西口」は、連続立体交差化事業(鉄道高架化)により生み出された総延長約1km、面積約11200平方メートルの高架下空間に誕生。行きたい街・住みたい街としての魅力を高め、2020年に全体開業が予定されている。

2020年に全体開業が予定されている「TauT(トート)阪急洛西口」(イメージ)画像一覧

先行オープンする第1期エリアは、「地域の魅力を再発見するエリア」と位置付け、地元・京都で人気の店舗や地元企業による店舗を中心に誘致。1927年創業の老舗鮮魚店の新ブランド「uroco by 西浅」をはじめ、京都出身のDJ・しもぐち☆雅充氏と料理研究家・川上晶也氏がタッグを組んだ「おとな食堂京都」、京都府城陽市に本店を構える「京都 麺屋たけ井」など、計10店舗以上が出店する。

「TauT阪急洛西口」

住所:京都市西京区川島六ノ坪町ほか 阪急洛西口駅高架下
URL:https://taut-rakusaiguchi.com

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ