クリープハイプ、茶屋町と楽曲コラボ
2018.9.14 21:45

4人組ロックバンドのクリープハイプが、ニューアルバム『泣きたくなるほど嬉しい日々に』の発売を記念して、大阪・茶屋町の商業施設「NU茶屋町」(大阪市北区)と館内まるごとコラボレーション。9月14日から期間限定で、楽曲にちなんだオリジナルメニューの提供や、写真展を開催している。

今回のために撮り下ろされた写真は「NU茶屋町」1Fコリドールプラザ特設会場に展示
今回のために撮り下ろされた写真は「NU茶屋町」1Fコリドールプラザ特設会場に展示画像一覧

ボーカルの尾崎世界観が今春、大阪のラジオ局のキャンペーンソングとして描き下ろした楽曲『栞』。あいみょん、尾崎、片岡健太(sumika)、GEN(04 Limited Sazabys)、斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)、スガシカオら豪華コラボが話題となり、動画サイトでのMV再生回数が804万を超えるなど、関西圏のみならず全国的に人気に。大阪で生まれたこの楽曲が、クリープハイプver.として新しいアルバムに収録されることから、大阪から盛り上げていこうと今回のコラボが実現した。

「ストロベリーフローズンヨーグルト」(650円)、「蜂蜜風呂ート」(700円)。ドリンクはオリジナルコースター付
「ストロベリーフローズンヨーグルト」(650円)、「蜂蜜風呂ート」(700円)。ドリンクはオリジナルコースター付画像一覧

「NU茶屋町」「NU茶屋町プラス」の各飲食店では、アルバムタイトルにちなんで「泣きたくなるほど○○」なメニューが登場。泣きたくなるほど激辛な「激辛15番鍋」や、楽曲『蜂蜜と風呂場』をイメージした、泣きたくなるほど君の気持ちがわかるドリンク「蜂蜜風呂ート」、『栞』の歌詞に出てくる桜のリキュールで皿を彩った、泣きたくなるほどふわふわなデザート「こよりのどら焼き」など、全19店とコラボ。館内にはクリープハイプの楽曲がBGMとして流れ、彼らの世界観に浸りながら味わうことができる。

また、今回の企画のために撮り下ろされた写真や、『栞』の歌詞の巨大展示、エレベーター内にアルバムのジャケット写真(3機のうち1番右のみ)が登場するなど、館内はクリープハイプだらけとなっている。期間は10月31日まで。

『泣きたくなるほど嬉しいNUに』

期間:2018年9月14日(金)〜10月31日(水)
会場:NU茶屋町、NU茶屋町プラス
電話:06-6373-7371(NU茶屋町)
URL:http://nu-chayamachi.com/

クリープハイプ『泣きたくなるほど嬉しい日々に』
2018年9月26日(水)発売
【初回限定盤(CD+DVD+丸スチール缶パッケージ+半円型ブックレット+栞)】UMCK-9964 3996円
【通常盤(CD)】UMCK-1607 2970円
URL:http://www.creephyp.com/feature/album2018

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ