大阪で、メキシカンなハロウィンブッフェ
2018.9.13 17:00

かぼちゃ、おばけ、魔女など、スイーツを撮る楽しみが増しているホテルのハロウィン・ブッフェ。今年の関西でも数多くのブッフェが企画され、なかには前倒しで開催するホテルも登場。そんななか、差別化を目指した「セント レジス ホテル 大阪」(大阪市中央区)が、テーマとしたのはメキシコの祝祭「死者の日」だ。

これまでのセント レジスにない、カラフルなブッフェ台
これまでのセント レジスにない、カラフルなブッフェ台画像一覧

10月31日から11月2日まで、カラフルなガイコツで街中が彩られるメキシコの祝祭「死者の日」。映画『リメンバー・ミー』で登場する、ガイコツが暮らす「死者の国」のような世界観をスイーツで表現されており、「例年のハロウィンよりも自由度が増しました。普段にないビジュアルを楽しんで作ることができました」と、伊藤慎二ペストリーシェフ。

死者の日をイメージしてガイコツものも多数。ミイラ型のソーセージロールにはちゃんと目玉が!
死者の日をイメージしてガイコツものも多数。ミイラ型のソーセージロールにはちゃんと目玉が!画像一覧

その気になるメニューには、栗・紫イモ・カボチャなど秋の味覚を織り交ぜた、ガイコツ型のチョコやクッキー、ハロウィン・モチーフのスイーツがラインアップ。アボカドのディップ「ワカモレ」や、魚介のマリネ「セビーチェ」をイメージしたサラダなど一部メキシカンなフードメニューも並んでいる。

それとともに目を引くのが、ブッフェ台の目を引くのがメキシコ雑貨。現地に年3回買い付ける堀江のメキシコ雑貨専門店「PAD」がデコレーションを担当し、祭壇のように原色のガイコツ、マリア様、十字架が飾り付けられ、天井には伝統的な切り絵の「パペルピカド」も。スイーツだけでなく、空間そのものも撮りたくなる仕掛けとなっている(雑貨は購入可)。期間は9月18日から11月4日まで。料金は平日4800円、土日祝は5200円。

『ハロウィンデザートブッフェ~FIESTA MEXICANA~』

期間:2018年9月18日(日)~11月4日(日)
時間:15:00~17:00(2時間制)
会場:セント レジス ホテル 大阪1・2F フレンチビストロ「ル ドール」(大阪市中央区本町3-6-12)
料金:大人…平日4800円、土日祝5200円
4~12歳…平日2400円、土日祝2600円
電話:06-6105-5659
URL:http://www.stregisosaka.co.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ