新井浩文「将棋映画で筋肉痛になるとは」
2018.9.9 19:00

史上初のアマからプロになった棋士の実話を映画化した『泣き虫しょったんの奇跡』。その舞台挨拶が9日、大阪市内の映画館でおこなわれ、松田龍平、永山絢斗、渋川清彦、新井浩文、窪塚愛流(あいる)、豊田利晃監督が登場した。

映画『泣き虫しょったんの奇跡』の舞台挨拶に登場した俳優・新井浩文(9日・大阪市内)画像一覧

「うちも休みだったので大阪に来ました。完全に飲みに行く気満々の恰好ですからね。この後すぐ飲みに行きたいと思います。今日は映画館に映画を観に来てくれて、ありがとうございます」と挨拶したのは、主人公のライバル棋士を演じた新井浩文。

豊田利晃監督のムチャぶりに焦る新井浩文と、笑顔で見守る渋川清彦(9日・大阪市内)画像一覧

撮影中のエピソードを訊かれた新井は、「(劇中で)1回走ってるシーンでも、実際は20、30回走ってます。テストから本番まで。この将棋の映画で、まさか筋肉痛になるとは思いませんでした」と振りかえり、イベントの最後には、豊田監督に「一発ギャグで締めて」というムチャぶりまで受ける始末。和気あいあいとした舞台挨拶に、観客たちは満足した様子だった。映画は現在公開中。

映画『泣き虫しょったんの奇跡』

2018年9月7日(金)公開
監督:豊田利晃
出演:松田龍平、野田洋次郎、妻夫木聡、松たか子、國村隼、ほか
配給:東京テアトル
URL:http://shottan-movie.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ