チェックの王様「タータン」展、神戸で
2018.9.17 7:00

スコットランド発祥の毛織物「タータン」。その基礎知識や文化的背景を知ることができる『スコットランドからの贈り物 タータン展』が11月11日まで「神戸ファッション美術館」(神戸市東灘区)でおこなわれています。

ヴィヴィアン・ウエストウッド タータン・スーツ 1993年 神戸ファッション美術館蔵画像一覧

タータンとは、スコットランドのハイランド地方で発展した毛織物で、現在では「2色以上の糸を使い、それらの糸が直角に交わるチェック柄であること」、「たて糸とよこ糸に使う糸の色と数が同じで、基本パターンが繰り返されること」という定義があります。また、由緒ある氏族が着用する「クラン・タータン」、軍隊が身につける「ミリタリー・タータン」、地域に根差した「ディストリクト・タータン」、王室のための「ロイヤル・タータン」、組織や企業が作成した「コーポレート・タータン」など、さまざまな種類があります。

ヘンリー・マクベス‐レイバーン(ジョージ・サンダース原画)「第5代ゴードン公爵」 1929年 個人蔵画像一覧

本展ではそうしたタータンの定義、歴史、文化的背景を、100種類以上の布地や19世紀のファッション画、現在スコットランドで活躍するデザイナー6名によるファッション、日本との関係を示す資料など約250点で紹介します。神戸開港150年を機に神戸市の商業者有志が中心となって企画・考案した「神戸タータン」も要チェック。また、本展オリジナルの「ミント・タータン」グッズや、海外のタータン・グッズが販売されるのも見逃せません。料金は一般1000円。

文/小吹隆文(美術ライター)

『スコットランドからの贈りもの タータン展』

期間:2018年9月15日(土)~11月11日(日)※月曜休(9/17・24・10/8開館、9/18・25・10/9休館)  
時間:10:00~18:00(入館は17:30まで) 
会場:神戸ファッション美術館(神戸市東灘区向洋町中2-9-1)
料金:一般1000円、大学生・65歳以上500円、高校生以下無料
電話:078-858-0050
URL:http://www.fashionmuseum.or.jp/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ