宙組・真風涼帆の華麗なるダ・ヴィンチ
2018.8.30 7:00

創設20周年の宝塚歌劇団宙組が、10月5日より日本物レビュー『白鷺の城』と、レオナルド・ダ・ヴィンチを主人公にしたミュージカル『異人たちのルネサンス』を上演する。

宙組トップコンビ、真風涼帆と星風まどかが、芸術の花開いたルネサンス期の物語を華麗に紡ぎ出す
宙組トップコンビ、真風涼帆と星風まどかが、芸術の花開いたルネサンス期の物語を華麗に紡ぎ出す画像一覧

『−本朝妖綺譚−「白鷺の城」』は、1000年にわたって転生を繰り返しながら、争い、惹かれ合う陰陽師・安倍泰成と妖狐・玉藻前の宿縁が描かれる。宝塚の日本物レビューといえば、四季折々の美しさ、日本各地の祭りや伝説などを、バラエティ豊かに織り込んだものが多いが、今作は1つの題材をベースに魅せる構成のよう。日本物の旗手・大野拓史の演出で、妖しくも雅な世界が展開するだろう。

『異人たちのルネサンス』は、絵画への追究から人体や自然の法則まで知識を広げた「万能の天才」、レオナルド・ダ・ヴィンチの若き日々をつづったミュージカル。2001年には、同時代に生きたダ・ヴィンチのライバル、ミケランジェロを主人公にした『ミケランジェロ』(花組・愛華みれ主演)という作品も上演され、芸術家としての情熱、ルネサンス期の華やかな衣装やセットなどが印象的だった。

宙組はトップスター・真風涼帆をはじめ長身の男役が揃い、少女漫画を舞台化した『天(そら)は赤い河のほとり』のように、コスチュームプレイが抜群に似合うので期待が膨らむ。

また今作は、「ダ・ヴィンチの創作の源が、ある女性への愛であった」と仮定したオリジナル作品(作・演出 田渕大輔)。時の統治者、ロレンツォ・デ・メディチ(芹香斗亜)と、ロレンツォの愛人でダ・ヴィンチとは幼なじみのカテリーナ(トップ娘役・星風まどか)と、主人公3人の関係が気になるところだ。星風の扮装からは、ダ・ヴィンチの最高傑作といわれる「モナ・リザ」が浮かぶが・・・。

芸術の秋、真風演じる麗しいダ・ヴィンチを通し、遠いルネサンスに思いを馳せて。公演は「宝塚大劇場」(兵庫県宝塚市)にて、10月5日から11月5日まで。チケットは9月1日に発売。

文/小野寺亜紀

宙組宝塚大劇場公演

-本朝妖綺譚-『白鷺(しらさぎ)の城(しろ)』
ミュージカル・プレイ『異人たちのルネサンス』-ダ・ヴィンチが描いた記憶-
日程:2018年10月5日(金)~11月5日(月)
会場:宝塚大劇場(兵庫県宝塚市栄町1-1-57)
料金:SS席12000円、S席8300円、A席5500円、B席3500円
電話:0570-00-5100(宝塚歌劇インフォメーションセンター)
チケットは、2018年9月1日(土)発売
URL:http://kageki.hankyu.co.jp/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ