アントマン、大阪で生演技&アカペラ披露
2018.8.23 21:20

小さくなるほど強くなる最小・最強コンビによる、痛快バディアクションムービー『アントマン&ワスプ』。そのファンミーティングが23日、大阪市内の劇場でおこなわれ、主演のポール・ラッドとエヴァンジェリン・リリー、ペイトン・リード監督が登場した。

ファンミーティングに登場したポール・ラッド(右)とエヴァンジェリン・リリー(23日・大阪市内)画像一覧

大型の台風20号の接近により、予定されていた上映会が中止となったこの日。「悪天候のなか、来ていただいて感謝しています」(エヴァンジェリン)、「まずは来てくださってありがとうと申し上げたいです」(ポール)と観客を気遣った2人。そして、ポールが「いくつかの(劇中)シーンをライブで演じようかな。それくらいしないと申し訳ない」とコメント。

するとペイトン監督が「じゃあ、小さくなっちゃうシーンを演じてもらおうかな(笑)。レディ、アクション!」とスタートをかけると、ポールとエヴァンジェリンの2人はすかさず小さくなるシーンを再現。ハリウッド俳優の生演技に、観客は大きな歓声をあげた。

エヴァンジェリン・リリー(左)のムチャぶりから急きょアカペラを披露することになったポール・ラッド(23日・大阪市内)画像一覧

その後も、客席からの質問に答えるなど、和気あいあいとした雰囲気で盛り上がったファンミーティング。キャストでカラオケに行ったというエピソードを語った際には、エヴァンジェリンがポールにアカペラをムチャぶり。「歌わざるを得ない状況だな(苦笑)」と、監督のリクエストによりグレン・キャンベルの歌をアカペラで披露。続くエヴァンジェリンも監督に導かれ、オペラを熱唱。台本にないサービスに、客席は大いに盛り上がった。

まさかの衣裳かぶりに驚くエヴァンジェリン・リリー(左)と新喜劇・池乃めだか(23日・大阪市内)画像一覧

後半には、「浪花のアントマン」こと吉本新喜劇の池乃めだか、なるみが登場。大阪弁によるコントをともに繰り広げるなど、終始笑顔が絶えなかったファンミーティング。イベント後には来場者全員にムビチケ、US版ポスター(一部直筆サイン入り)がプレゼントされるなど、上映会中止を忘れさせるほどのサービスに、訪れた観客はみな笑顔だった。映画は8月31日から公開される。

映画『アントマン&ワスプ』

2018年8月31日(金)公開
監督:ペイトン・リード
出演:ポール・ラッド、エヴァンジェリン・リリー、ほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
URL:https://marvel.disney.co.jp/movie/antman-wasp/home.html

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ