カメ止め「廃墟に泊まり8日間で撮影」

2018.8.20 17:00

左から、曽我正臣、竹原芳子、秋山ゆずき、上田慎一郎監督、濱津隆之、真魚、合田純奈(19日・大阪市内)

(写真2枚)

都内2館のみで公開されるも、全国150館に拡大した話題の映画『カメラを止めるな!』。その大阪初の舞台挨拶が19日、「TOHOシネマズなんば」でおこなわれ、上田慎一郎監督とキャストが登壇した。

マイクを握った上田監督は、この映画について「新人の監督と新人の俳優たちで、ワークショップという演技レッスンを経て、1本の映画を撮るという企画で作られた映画です。撮影は2017年の夏で、廃墟に泊まりながら8日間で撮影しました」と紹介。「ガチの撮影トラブルをそのまま使ったり、とあるシーンの練習を前日までしていたけどできなかったので急遽シナリオを変えたり、(日暮隆之役の)濱津さんが二日酔いでフラフラの状態で撮影したり、舞台裏も本当にバタバタしていた」との撮影秘話も披露。

大阪初の舞台挨拶に登壇した映画『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督(左)と濱津隆之(19日・大阪市内)

また、「どのメンバーと映画を作るかというキャスティングが先で、オーディションで選んだ12人のメンバーとワークショップを経た後に『カメラを止めるな!』を撮ろうと思って当て書きした」ことや、「絵コンテは書かず、こう撮ってこう撮って、とカメラマンとその場で相談しながら撮影する」ことなど、話題沸騰の映画の制作過程についても次々と語り、満席となった客席からは驚きの声が漏れた。

さらに、次回作についての客席から質問には、「気が早いですねー(笑)。いくつか動いているものはございますが、言えるものはございません。ただやっぱり、ずっとコメディのエンタテインメントを作っていきたいとは思っています」と話し、今後の展開に期待をもたせた。

取材・文・写真/上地智

映画『カメラを止めるな!』

監督:上田慎一郎
出演:濱津隆之、真魚、しゅはまはるみ、長屋和彰、細井学
配給:アスミック・エース=ENBUゼミナール

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本