イルカの赤ちゃん、ライフジャケット装着

2018.8.14 08:00

ライフジャケットを装着したカマイルカの赤ちゃん

(写真2枚)

「アドベンチャーワールド」(和歌山県白浜町)で8月8日に生まれたカマイルカの赤ちゃん。生まれたばかりで泳ぎが不安定なため、ライフジャケットを装着してスタッフがサポートしている。

赤ちゃんは元気だが、母親が育児行動にいたらないことから、人工保育用プールで人工乳を与えられているという。生まれたのはオスで体長約100センチ、体重約10キロ。一般公開時期は未定だ。

カマイルカの赤ちゃんはオスで、体長約100センチ、体重約10キロ

鯨類の繁殖は、正常に出産した場合でも授乳不良などにより、順調に育たない場合も多く、非常にむずかしいとされていることから、同施設では積極的に取り組み、出生後の育成にも力を入れてきた。今回のカマイルカの繁殖については、2017年6月より、オスとメスを同居させ、行動を観察し、ホルモン値の計測を継続的におこない、出産にいたったという努力がある。「元気な赤ちゃんが順調に育つようにサポートしてまいります」と広報課はコメントしている。

「アドベンチャーワールド」

住所:和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399
電話:0570-06-4481

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本