くら寿司で、スーパーフード寿司メニュー

2018.7.25 12:00

左から、キヌアサラダ巻き えび、キヌアサラダ巻き ビントロ各108円

(写真3枚)

ユニークなメニュー開発で知られる回転寿司チェーン「無添くら寿司」を運営する「くらコーポレーション」(本社:大阪府堺市)が、7月27日から黒酢を寿司酢に利用した「健康黒酢のシャリ」を全国の店舗で導入。また同日に7種の「スーパーフード」メニューの販売を開始する。

近頃の健康意識の高まりを受け、昨年8月に回転寿司業界初の糖質オフメニューを販売したところ、シリーズ累計800万食を超える販売数を記録した同社。「より健康志向の高いお客様にも納得いただける付加価値の高い商品作りを目指し、今回の開発にいたった」と広報担当者は語る。

スーパーフードシリーズ全7種。キヌアブロッコリーサラダチキンや、ベジヌードルサラダ、アサイームースのグラノーラパフェなどが販売される

大手回転寿司チェーン初となる「スーパーフードシリーズ」は、栄養価が高く「穀物の母」とも呼ばれる「キヌア」、豊富なオメガ3脂肪酸を含む「チアシード」、アンチエイジングミラクルフルーツとされる「アサイー」などの代表的なスーパーフードを使ったメニュー。「お寿司」「サラダ」「ドリンク」「スイーツ」のジャンルで7種類を開発した。価格は、寿司100円、ドリンク150円、パフェ250円(すべて税別)など。全国410店舗(7月24日現在)で販売される(持ち帰りは不可)。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本