神戸らしさ目指す、ブルーボトル関西2号店

2018.7.19 16:00

真鍮のカウンターがセンターに。目の前でコーヒーをドリップする姿も楽しめる

(写真9枚)

アメリカ・カリフォルニアで誕生したコーヒー専門店「ブルーボトルコーヒー」が、神戸店(神戸市中央区)を旧居留地に7月20日オープン。19日に関係者に向けて内覧会がおこなわれた。

世界で現在58店舗を展開する同ブランドは、豆の仕入れから焙煎まですべて自社でおこなう新世代のコーヒーチェーン。今年3月に関西1号店となる京都店をオープンしたばかりで、神戸店は2号店となる。

もともとエリアに合わせた空間造りを目指しており、「これまで日本の店舗をデザインしてきた『スキーマ建築計画』の長坂常氏が、神戸の街を巡って感じたのはエレガントで品があること。そこで、空気感に合う空間をイメージしました」と広報担当者。

左から夏限定のノンアルコールカクテル、エルダーフラワーとコールドブリューを組み合わせたミッドサマー520円、カスカラ パイン500円。どちらも微炭酸で爽やか
左から夏限定のノンアルコールカクテル、エルダーフラワーとコールドブリューを組み合わせたミッドサマー520円、カスカラ パイン500円。どちらも微炭酸で爽やか

店舗のセンター部分には、櫓(やぐら)をイメージしたやわらかな風合いの真鍮のカウンターを設置し、白を基調とした開放的な造りに。気軽に立ち寄れるようエントランス近くには、スタンドスペースが設けられ、奧にはゆったり座れるテーブル席やソファ席もスタンバイ。「観光地やショッピングエリア、オフィス街などさまざまな人が行き交うエリアですので、気分に合わせてお席を選べるようにいたしました」とのこと。

場所はカフェや雑貨店が並ぶ乙仲通りや中華街・南京町の近く
場所はカフェや雑貨店が並ぶ乙仲通りや中華街・南京町の近く

全国に先駆けて、水だしアイスコーヒーのゼリーとパンナコッタを組み合わせた、フルーティーな風味が楽しめる「コールドブリュー コーヒーゼリー」(280円)を販売。コーヒーのブレンド(450円)、アイスミルクコーヒー「ニューオリンズ」(500円)のほか、焼き菓子などもそろう。営業は午前8時から午後7時まで。

「ブルーボトルコーヒー神戸カフェ」

2018年7月20日(金)オープン
住所:神戸市中央区前町1
営業:8:00~19:00

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本