巻き寿司の逆輸入、大阪に日本1号店

2018.6.29 12:00

さまざまな具材がそろい、思わぬ組み合わせが楽しめる

(写真4枚)

シンガポールで人気のファストフード店「makiーsan(まきさん)」の日本1号店が大阪・心斎橋に7月15日オープン。自分好みにカスタマイズできる巻き寿司とサラダの専門店だ。

シンガポールで18店舗を展開する同店では、オーダーごとに目の前で巻いてくれるスタイル。カウンターには日本らしい具は2割ほど、照り焼きチキンやソフトシェルクラブなど思わぬメニューが並ぶ。さらにトッピングにはオニオン天ぷら、チェダーチーズなど、ソースにはハニーマスタード、ワサビマヨなどを選べる。米は白米か玄米か、海苔の代わりに豆を素材とするソイラップをチョイスでき、サイズは「リトル」(777円~)、「メガ」(888円~)の2種。

シンガポールの店舗、まるでデリ感覚で楽しめる
シンガポールの店舗、まるでデリ感覚で楽しめる

今や一般的となったアボカドを使ったカリフォルニアロールだが、それ以上に驚きの寿司が味わえそうだ。サラダも同様に具材を選ぶことができ、ドリンクは全品108円と気軽に利用しすい価格帯に。場所は道頓堀近く、営業は午前11時から午後9時まで。オープン初日と翌日は、巻き寿司のゲリラ配布もおこなわれるとのこと。

「maki-san」

2018年7月15日(日)オープン
住所:大阪市中央区心斎橋筋2-7-9
営業:11:00〜21:00

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本