6・16は手羽トロの日、唐揚げ専門店も

2018.6.16 10:00

「記念日登録証」の授与式で、マザーフーズ柴田佳昌社長(左)と日本記念日協会の加瀬清志代表理事

(写真4枚)

鶏肉加工業を営むマザーフーズ(大阪市都島区)が、希少部位である「手羽トロ」のおいしさをもっと広く知ってもらいたいと、6月16日を「手羽トロの日」として申請、日本記念日協会より認定登録され、「記念日登録証」の授与式が、大阪市内で15日におこなわれた。

「手羽トロ」とは、手羽元の肉部分をくるっとひっくり返した部位「チューリップ」の骨を抜いた部分。鶏1羽から60グラムしか取れない希少な部位だ。こちらを醤油味とうま塩味の2種類の味付けで唐揚げにし、直営店「手羽トロや」(大阪市北区)で販売される。鶏がよく動かす羽部分のため、肉質は弾力がありプリプリ、皮面が内側に入っているので旨みののった脂がジュワッと染み出て濃厚な味わいに。

手羽トロ唐揚げは、醤油味とうま塩味の2種類。100g320円、200g640円、500g1500円(税抜)

「宮崎県や鹿児島県産の鶏肉を産直で送ってもらい、鮮度にこだわって加工しています。一度も冷凍することなく、唐揚げに仕上げます」と柴田佳昌社長。6月16日は、同社の創業日でもあり、「10周年を迎える今年、うちの看板商品である手羽トロを記念日にできて感激です」と語った。授与式には、「手羽トロ親善大使」として任命された「大阪エヴェッサ」の根来新之助キャプテンと合田怜選手、FM OH!のDJ・大塚由美さんも駆け付け、お祝いのメッセージを届けた。

手羽トロ唐揚げ1年分をもらえるとあって大喜びの親善大使たち。右から大塚由美さん、合田怜選手、根来新之助キャプテン

「手羽トロや」

2018年6月16日(土)オープン
住所:大阪市北区梅田2-4-34
営業:11:00〜20:00 ※無休
電話:06-6110-5658

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本