キティ新幹線、カワイイ内装を発表

2018.5.29 16:00

6月30日から運行開始する「ハローキティ新幹線」。「ひと、もの、こと。つないで、結ぶ」というコンセプトで、車体デザインはリボンがモチーフ。

(写真8枚)

JR西日本(代表取締役社長:来島達夫)は、「ハローキティ」とコラボした500系新幹線「ハローキティ新幹線」の運行開始を6月30日と発表。また、ハローキティが溢れるカワイイ車両の詳細を公開した。

1号車「HELLO!PLAZA」には、西日本の各地域を紹介するスペースや、地域の特色豊かな産品を中心に揃えるショップスペースを設置。7月から9月は、『山陰ディスティネーションキャンペーン』に合わせて「鳥取 ハローキティ」と「島根 ハローキティ」のオリジナルペイントが施され、おすすめイベントやスポットを紹介する。

1号車地域展示スペース「HELLO!PLAZA」。地域の魅力を紹介する映像コーナーを設置
1号車「HELLO!PLAZA」。地域の魅力を紹介する映像コーナーも設置

2号車の「HELLO!ROOM」は、JR西日本の新幹線では初となるハローキティ仕様のかわいい内装に。旅の案内人「ハローキティ」といっしょに記念撮影ができるフォトスポットが設置される。また、車内チャイムは「ハローキティ新幹線」限定のオリジナルメロディとなる。

「ハローキティ新幹線」は、新大阪〜博多間を6月30日から9月30日まで運行予定(7月18〜20日、8月8〜10日、9月3〜5日は運行なし)。運行列車は『こだま730号』(博多6時40分発~新大阪11時13分着)と、『こだま741号』(新大阪11時29分発~博多15時38分着)の1往復となる。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本