土岐麻子「音楽に今の景色を閉じ込めて」

2018.5.25 16:00

FM OH!『LOVE FLAP』に出演した土岐麻子(右)、左はDJの赤松悠実

(写真1枚)

FM OH!の番組『LOVE FLAP』(月〜木曜・11時半)に、「クイーン・オブ・シティポップ」こと土岐麻子がゲストで登場。自らのシティポップ論について語った。

シティポップとは、70〜80年代に流行した音楽ジャンルのひとつ。代表的なアーティストには、大瀧詠一、細野晴臣、山下達郎、EPO、杉真理、崎谷健次郎、角松敏生らがいるが、音楽性を示すカテゴリというより、洗練された「都会のポップス」=シティポップと言われている(渋谷系然り)。

DJの赤松悠実にシティポップについて聞かれた土岐は、「私が影響を受けたのが、山下達郎さん、EPOさん、大貫妙子さん、吉田美奈子さんら。子どもの頃に聴いて、歌詞の内容はもちろん分からないけど、とにかく楽しく、ワクワクできた。早く大人になりたいって、歌詞に出てくる街とか都会に憧れてました」とコメント。

そして、「単に懐かしい音楽をオマージュし『これがシティポップです』と言ってしまうシーンに違和感を感じていた(公式サイトの言葉)」という土岐は、「前回『PINK』というアルバムでは、2017年なりのシティポップを自分なりに落とし込もうと。サウンドのジャンルではないんですよね。精神性みたいなところに重点を置いて」とも。

そんな「クイーン・オブ・シティポップ」のニューアルバム『SAFARI』は、5月30日リリース。「テーマは、東京の今。(東京という街が)ガラガラと変わっていくのであれば、音楽のなかに今の景色とか、気配とかムードを閉じ込めたいなと。(東京出身の)私にとっては郷愁というか、カントリーという気持ちで作っている部分もあって」。そんなアルバムを携えてのライブは、大阪BIGCAT(8月25日)ほかで開催される。

FM OH!『LOVE FLAP』

土岐麻子

『TOKI ASAKO LIVE 2018 “SAFARI TOUR”』
日時:2018年8月25日(土)・17:00〜
会場:BIGCAT(大阪市中央区西心斎橋1-6-14 BIGSTEP4F)
料金:5800円(ドリンク代別途要)※未就学児童入場不可

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本