役所広司「松坂桃李が先輩風を吹かせる」
2018.4.26 21:00

『警察小説×仁義なき戦い』と評される同名原作を映画化した『孤狼の血』。その舞台挨拶が26日、大阪の劇場でおこなわれ、主演の役所広司のほか、バディを組んだ松坂桃李、メガホンをとった白石和彌監督が登場した。

映画『孤狼の血』の舞台挨拶に登場した役所広司(26日・大阪市内)画像一覧

大阪の印象を聞かれた役所は、「こういう映画は(ロケ地の広島)呉も似合いますけど、大阪も似合うんですよねぇ。僕がかつて若い頃、この大阪で全部ロケした、覚せい剤が体質に合うヤクザの映画(1996年の『シャブ極道』)をやった思い出深い場所です」と語ると、白石監督は「まさにそれを観て、僕もこういう映画が撮りたいと思ったし、今回、役所さんがギラギラする映画をやりたいとお願いしたんです」とコメント。

主人公の破天荒な刑事・大上を演じた役所広司(右)とバディを組んだ松坂桃李(26日・大阪市内)画像一覧

昭和63年の広島を舞台に警察の闇と暴力団の抗争を描いた本作は、まさに現代版『仁義なき戦い』という血湧き肉躍る作品。役所は、「監督が『今の日本映画は元気がない』と。この手の映画は韓国映画に取られてしまっているので、本家の日本に取り戻したいと。(この映画を観たら)今の若者たちも少し牙が生えてきて、男らしくなるんじゃないかと。僕も少し牙が生え始めてきました(笑)」と笑いながらも、日本映画の復権を喜んだ。

また、2017年の白石作品『彼女が知らない鳥たち』に続いて2作目の出演となる松坂に対し、役所は白石監督とは初めてのタッグ。役所は「松坂くんが先輩風を吹かせるんですよ。『なんか分かんないことがあったら言って』みたいな(笑)」と語ると、松坂が「そんなことないです!ひと言も言ってないです!」と慌てる場面も。同作は5月12日から公開される。

映画『孤狼の血』

2018年5月12日(土)公開
監督:白石和彌
出演:役所広司、松坂桃李、真木よう子、ほか
配給:東映
URL:http://www.korou.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ