朝日新聞ゆかりの美術館、中之島に開館
2018.3.21 8:00

朝日新聞創業者の村山龍平(1850-1933)が集めた美術品を収蔵する「香雪美術館」(神戸市東灘区)の分館として、「中之島香雪美術館」(大阪市北区)が3月21日にオープン。前日に内覧会がおこなわれた。

法華経絵巻 一巻 鎌倉時代 13世紀 重要文化財画像一覧

場所は大阪・中之島に昨春完成した「中之島フェスティバルタワー・ウエスト」の4階。展示ケースや照明、可動壁など、展示環境にも最新設備を備えた空間だ。開館記念の展覧会『珠玉の村山コレクション』は、テーマごとに5期に分け、1年間にわたり、重要文化財19点、重要美術品23点をはじめとする300点あまりを一挙公開。「作品のコレクションに関しては寡黙な村山龍平でしたが、その思いの軌跡を感じていただければ」と学芸部長の勝盛典子さんは説明した。

(右)藪内剣仲宛書状 千利休 一幅 桃山時代 16世紀画像一覧

4月22日まで開催の1期『美術を愛して』では、村山と特にゆかりの深い名品を中心に約60点を紹介。冒頭を飾るのは、美濃「志野茶碗 銘 朝日影」(桃山時代、17世紀)で、50歳を過ぎて茶の湯を始めた村山が終生こよなく愛した名碗が見られる。茶道具は、自身による茶杓のほか、千利休の書状など名品が展示される。

瀟湘八景図屏風 (伝)周文 六曲一双 室町時代 15世紀 重要文化財画像一覧

村山龍平が古美術の収集を始めたのは明治20年代初め(当時40歳前後)の頃。西洋化が急激に進み、日本古来の価値や文化が軽んじられ、美術品が海外流出の危機にひんしていた。村山は新聞紙面でも文化財の調査や保護を訴え、自らも収集に乗り出し、岡倉天心らが刊行した美術雑誌「國華」にも出資、後には経営を引き受ける。館内の村山龍平記念室では、村山家邸宅の自室の再現とともに、日本の文化や美術を愛したエピソードも垣間見ることができる。料金は一般900円。

中之島香雪美術館開館記念展『珠玉の村山コレクション〜愛し、守り、伝えた〜』

2018年3月21日(祝・水)オープン
期間:2018年3月21日(祝・水)〜4月22日(日)※月曜休
会場:中之島香雪美術館(大阪市北区中之島3-2-4 中之島フェスティバルタワー・ウエスト4F)
時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)
料金:一般900円、大高生500円、中小生200円
電話:06-6210-3766
URL:http://www.kosetsu-museum.or.jp/nakanoshima/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ