高橋一生「くっきーが断トツ狂気でした」
2018.2.17 19:00

俳優・斎藤工が監督をつとめる映画『blank13』。その先行上映会が17日、大阪市内の映画館でおこなわれ、主演の高橋一生が登場。舞台挨拶をおこなった。

主演映画『blank13』の舞台挨拶に登場した高橋一生(17日・大阪市内)画像一覧

13年間、音信不通だった父が余命3カ月で見つかった、放送作家・はしもとこうじの実話をもとに描いた本作。映画はその父の葬儀から始まるが、そこで数少ない友人たちによって家族の知らないエピソードが語られ、13年間の空白が少しずつ埋まっていく家族の物語だ。

高橋が演じたのは、主人公の次男・コウジ役。喪主側の人間として参列したその葬儀のシーンでは、佐藤二朗、村上淳、波岡一喜、伊藤沙莉、川瀬陽太ら、個性派俳優が父の友人役として出演。知られざる父のエピソードを語っていくが、非常にアドリブも多く、「笑いを堪えなくちゃいけないシーンがありました」とふり返った高橋。

野性爆弾・くっきーについて語った高橋一生(17日・大阪市内)画像一覧

なかでも、「(野性爆弾の)くっきーさんが断トツで面白くて、狂気でした」と高橋。「ちょっとどうしよう・・・って思いました。一度話したときも、『帰り、車を貸してくれないか?』って言われて。初対面ですから『いや、ちょっと難しいです・・・』しか言いようがなくて。その後、『冗談ですよ』って怖い感じで言われたんで、もう話すのはよそうと思いましたね(笑)」と、関西の「遅れてきた最終兵器」について語った。

また、共演したい相手を聞かれた高橋は、「原西さん!もう大好きなんです」とFUJIWARAの原西孝幸を即答で指名。「ずっと見てたい、特等席で。共演じゃないですね(笑)。1日ずっと見てたい。原西さん、ホント大好きなんですよ。いつかご一緒できれば」とニコニコ笑顔で語る場面も。同作は、2月24日より順次公開される。

映画『blank13』

2018年2月24日(土)公開
監督:齊藤工
出演:高橋一生、松岡茉優、斎藤工、神野三鈴、リリー・フランキー
配給:クロックワークス
URL:http://blank13.com

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ