吉田恵輔監督「芝居をしないのが芝居」
2018.2.10 18:00

吉田恵輔監督「芝居をしないのが芝居」

森田剛主演の映画『ヒメアノ〜ル』で、世のジャニーズファンを震撼させた吉田恵輔監督の最新作『犬猿』がついに公開された。兄弟姉妹ならではの羨望や嫉妬、愛憎を、窪田正孝、新井浩文、ニッチェの江上敬子、筧美和子の4人をキャストに、オリジナル脚本で描いた『犬猿』について、映画評論家・ミルクマン斉藤が吉田監督を直撃した。

取材・文/ミルクマン斉藤

「ドSですからね(笑)」(吉田恵輔監督)

──さすが吉田恵輔オリジナル、って内容ですね。

いや~、良かった、良かった。

──今回もキャスティングが絶妙ですよね。まあ、筧さんなんか監督の趣味にぴったりだな、というのはありますが(笑)。

まぁ、そうですね。趣味なんだけど・・・まぁ、趣味ですね(笑)。

──でも、筧さんに関しては、リハーサルではどうなることか、と思ったとか?

まあ、彼女は芝居経験がそんなにあるわけではないので。テレビでは大きめの芝居を求められてるし、リアルなものは不慣れなんです。なので、最初リハーサルやったとき、「やっちゃったな、これは・・・」と同時に、「やったぞ」とも思ったんですよ(笑)。そこからすぐに彼女もコツを掴んでいったので、勘が良いなとは思いましたね。

映画『犬猿』 © 2018「犬猿」製作委員会画像一覧

──なるほど。まったくそんなことを感じさせない演技ですよね。「ありゃ、女優だわ」みたいな。

それは俺の力なんですよ(笑)。だから、筧ちゃんから「好き♡」って目線を食らってもいいはずなんだけれども、いつも「お疲れ様でした~」とサッと帰って行く(笑)。

──ハハハ。江上さんに関しては、ニッチェのコントを見てても芝居はしっかりされてるんで、そこは安心感があったんでしょうか。自虐キャラという共通点はあるし。

例えば「泣く」ということでも、コントだと笑える泣き方じゃないですか。観客がもらい泣きするような芝居ができるかどうかは、また別の話で。太ってる芸人って、なんか笑っちゃう系になりますし。でも江上さんはどこか悲壮感というか、日本の女の悲しみみたいなものを感じさせる匂いがするんですよ。実際、テストのときからこっちがウルッとするくらい臨場感があったから、「俺の見る目は正しかった」って(笑)。

──日本映画学校(現・日本映画大学)出身なんですってね。

最初は女優を目指していたらしいですからね。女優を目指すならまずはお笑いからだ、っていう謎の道を勧められて、なんかニッチェになっていったって。でもやっぱりお笑いの人は器用ですよね。場で求められているものの理解力が早いんです。何が違うのか、何を修正したらいいのかの嗅覚が鋭い。だからすげー楽でした。

仕事はできるがブスな姉を演じたニッチェの江上敬子 © 2018「犬猿」製作委員会画像一覧

──監督の作品で言うと、『机のなかみ』(2006年)のあべこうじさん、『純喫茶磯部』(2008年)の宮迫博之さんもお笑いの人ですよね。

もう、宮迫さんなんて台本全然読まないし、覚えてこないし、「マジかよ、この人」と思って。「次のシーン何やったっけ?・・・あ~、はいはい」と言ってて、実際始まったら全然間違えない。「なんでできるんですか?」って訊いたら、「その場で渡される仕事を毎日やってるから」って。こっちからすると、出来ればなんの問題も無いですから。それこそ、前の日から徹夜で勉強してこようが、結果がよければなんでもいいんです。

──でも監督って、どの芸人さんも徹底的に苛めるじゃないですか、脚本上で(笑)。特に今回の江上さんに対してはスゴいですよね。

ドSですからね(笑)。

──どうしてあんなに鬼畜になれるのかと。

その苛める過程をさんざん撮ってきてるカメラマンですら、尿瓶をこぼすシーンでさすがにしんどくなってきたって。筧ちゃんも「もう勘弁してあげて!」って(笑)。

1 2 3 4

映画『犬猿』

2018年2月10日(土)公開
監督:吉田恵輔
出演:窪田正孝、新井浩文、江上敬子、筧美和子、ほか
配給:東京テアトル
URL:http://kenen-movie.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ