南海の高架下に、海外観光客向けの宿
2018.1.21 9:00

南海電車の難波駅と今宮戎駅の間に高架下に、宿泊施設「BON HOSTEL(ボン ホステル)」(大阪市浪速区)が2月1日にオープンする。

南海電車の今宮戎駅から徒歩3分、難波駅からは徒歩9分の位置に(イメージ図)
南海電車の今宮戎駅から徒歩3分、難波駅からは徒歩9分の位置に(イメージ図)画像一覧

民泊予約サイト「STAY JAPAN」を運営する「百戦錬磨」(本社・宮城県仙台市)が、訪日観光客に向けて企画した同施設。フランス語のBON(良い)と盆栽のボンから名付けられており、バックパッカーよりも旅費をかけて、パソコンやスマートフォンを駆使して旅する「フラッシュパッカー」をターゲットとしている。

ドミトリーは6人部屋が12室、7人部屋が4室の予定(イメージ図)
ドミトリーは6人部屋が12室、7人部屋が4室の予定(イメージ図)画像一覧

情報交換や発信の場を目指し、地域の住民も利用しやすいようにカフェとバーを併設。交流イベントなどもおこない、日本ならではの体験が楽しめるツアーなども提案していく予定。部屋は、ドミトリー(相部屋)タイプだけでなく、グループで利用できる3名用、4名用の個室も(全110床)。

「BON HOSTEL(ボンホステル)」

2018年2月1日(木)オープン
住所:大阪市浪速区敷津東3-1-3
URL:http://mag.stayjapan.com/lp/bon-hostel/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ