万博の観覧車、ゴンドラ内で驚きの企画

2018.1.10 22:00

観覧車「レッドホース オオサカホイール」で、日本初の企画

(写真2枚)

日本一の大観覧車「レッドホース オオサカ ホイール」(大阪府吹田市)を運営するレッドホースエディテイメントが10日、国内初となるゴンドラ内のプロジェクションマッピング・サービスを実施すると発表した。

大阪万博跡地に登場した商業施設「EXPOCITY」に、2016年誕生した全高123mの観覧車のゴンドラはシースルー構造となっている床が特徴。今回の企画では、通常よりも豪華なVIPゴンドラ内(2基限定)で、万博跡地の過去、現在、未来をイメージしたプログラム「OSAKAタイムマシーン」を壁に投射し、実際の大阪の夜景とオーバーラップして楽しめるという。

観覧車内のプロジェクションマッピングのイメージ
観覧車内のプロジェクションマッピングのイメージ

2018年3月から開始予定、料金は1ゴンドラ(乗車時間約18分、4名まで利用可)8,000円となる。

「レッドホース オオサカ ホイール」

住所:吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内
営業:10:00~23:00

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本