手塚治虫のキャラ落雁、初登場は大阪で
2018.1.12 12:00

手塚プロダクションと金沢の老舗「落雁 諸江屋」(石川県金沢市)がコラボレーション。手塚治虫キャラクターを象った落雁が「阪急うめだ本店」(大阪市北区)で1月17日から限定販売される。

手塚プロダクションとコラボした、落雁などを販売
手塚プロダクションとコラボした、落雁などを販売画像一覧

今回の企画は同百貨店でおこなわれる『旨し、美し。金沢・加賀・能登展』内の企画として実現。生落雁を嘉永2年から作り続ける老舗の落雁専門店が、その技を生かして、ブラックジャック、アトム、ジャングル大帝レオ、そして手塚治虫のマンガに登場するキャラクター・ヒョウタンツギを落雁に仕上げた。和三盆糖・寒梅粉・小豆の風味を生かした上品な味わいを楽しめる。

9階催場で、5個入りのセット972円、各日限定で100個。期間は1月22日まで。ほかにも「九谷焼彩匠会」が美しく再現した「火の鳥シリーズ」や、キャラクターたちがプリントされたマグカップなども同イベントに登場する。

『旨し、美し。金沢・加賀・能登展』

期間:2018年1月17日(水)〜22日(月)
会場:阪急うめだ本店9階催場
時間:10:00~20:00(曜日により閉店時間異なる・最終日は18:00)
電話:06-6361-1381
URL:http://www.hankyu-dept.co.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ