Kawaii文化の祖、梅田で内藤ルネ展
2017.12.26 9:00

1950〜60年代にかけ、日本の少女文化をリードしたマルチクリエーター・内藤ルネの生誕85年、デビュー65年を記念した企画展『Roots of Kawaii 内藤ルネ展〜たくさんの愛と夢をこめて〜』が開催。「大丸ミュージアム<梅田>」(大阪市北区)で2018年1月10日からスタートする。

ルネガールとルネパンダ (C)R.S.H/RUNE
ルネガールとルネパンダ (C)R.S.H/RUNE画像一覧

1951年に画家・中原淳一が主宰する「ひまわり社」に入社し、ファッション誌『ジュニアそれいゆ』を中心に多くの雑誌でイラストレーターとして活躍。今から約半世紀も前に「デフォルメした大きな目」「小顔にヒョロ長いプロポーション」の女の子を初めて描き、パンダをはじめとする動物から野菜、フルーツなど、誰もが見過ごしていた「カワイイ」をあらゆるもののなかに見出し、人々に発信し続けた。

内藤ルネ ポートレート(2007年)
内藤ルネ ポートレート(2007年)画像一覧

今回の企画展では、内藤ルネのメッセージや、ルネ作品に登場するさまざまなキャラクターを紹介。『ジュニアそれいゆ』第33号表紙(1960年)の復刻原画や、未公開作品など約100点を展示するほか、当時大ヒットしたパンダキャラクターの元祖「ルネパンダ」のグッズも多数販売する。料金は一般800円、高校・大学生600円(中学生以下無料)で、期間は1月21日まで。

(左上から)『ジュニアそれいゆ』第33号表紙(1960年)復刻原画、第35号(1960年)、「眠り」「パンダ貯金箱」
(左上から)『ジュニアそれいゆ』第33号表紙(1960年)復刻原画、第35号(1960年)、「眠り」「パンダ貯金箱」画像一覧

『Roots of Kawaii 内藤ルネ展〜たくさんの愛と夢をこめて〜』

期間:2018年1月10日(水)〜21日(月)
時間:10:00〜19:30(20:00閉場、最終日は18:00閉場)
会場:大丸ミュージアム<梅田>(大阪市北区梅田3-1-1
大丸梅田店 15F)
料金:一般800円、高校・大学生600円、中学生以下無料
電話:06-6343-1231
URL:https://www.daimaru.co.jp/museum/umeda/rune_2017/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ