20号機が関空到着、LCCピーチ導入

2017.12.9 06:00

8日・14時42分に関西国際空港に到着した20号機

(写真1枚)

格安航空会社「ピーチ・アビエーション」(本社:大阪府泉南郡)が、20機目となる近・中距離向け旅客機エアバスA320を導入。エアバス本社があるフランスのトゥールーズを出た同機が8日、関西空港に到着した。

今年になって2機目の導入で、同社20号機となるA320。同社の井上慎一代表取締役CEOは、「いよいよ20機体制となり、さらなる飛躍に向けた準備がいっそう整いました。航空会社の枠にとらわれることのない取り組みで、独自の体験価値を高め、日本とアジアの空を盛り上げてまいります」とコメントした。

20号機は、21日より関西−石垣線で運行開始の予定。同社は2020年度中に30機以上の体制を目指す。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本