大野拓朗「大阪はお金がかからない」
2017.11.14 8:00

朝の連続テレビ小説『わろてんか』(NHK総合)で、黒ぶちの丸メガネがトレードマークの芸人・キースを演じている俳優・大野拓朗が11日、「大阪刑務所」(大阪府堺市)で開催された『関西矯正展』に1日刑務所長として登場。すでに暮らし始めて半年となる、大阪での生活について語った。

全国の受刑者たちが作った製品を展示即売する『矯正展』。大野はオープニングセレモニーでテープカットをおこなった(11日・大阪刑務所)
全国の受刑者たちが作った製品を展示即売する『矯正展』。大野はオープニングセレモニーでテープカットをおこなった(11日・大阪刑務所)画像一覧

『わろてんか』のために東京の家を引き払い、大阪に住所変更までした大野。「心の底から大阪の芸人さんになりたかったので、そのためには母国語というか、国の言葉として関西弁をしゃべれるようにしようと。今住んでいる場所も、芸人さんが多く住んでいる地区というのをいろいろ聞いて、不動産屋さんに探してもらいました」と、強い役者根性から引っ越しを決めたことを明かした。

関西弁の習得は文字通り「習うより慣れろ」の、完全な体当たりだったそう。「町に繰り出して大阪弁を聞いて、しゃべっては怒られるというのをずーっと続けて。『あかん!』『下手くそ!』って言われながらもやっていたんですが、おかげで今は(ドラマの)方言指導の方に聞かなくてもいけるぐらいにはなった。6割ぐらいは大阪人になってきたかな? と思います」と、その成果を語った。

ファンからのサインに気軽に応じる大野
ファンからのサインに気軽に応じる大野画像一覧

さらに大阪で暮らすのは「お金がかからない」とも。「ごちそうしてくれる人がいっぱいいるんです。居酒屋のカウンターでおっちゃんとしゃべってると『おっちゃんがおごったるわ!』みたいなことになったり。特にぼんちおさむ師匠には、家で何度もごちそうに・・・。つい3日前も、師匠の家で朝の3時まで飲んでました(笑)。この前は、西川きよし師匠にも(物まね口調で)『今度ご飯行きましょう!』って言われましたし、本当に大阪のみなさんは親切で温かい。もう大阪を愛してます」と、あふれる大阪愛を訴えた。

3日早い誕生日を祝ってもらい、バースデーケーキに飾られたワッペンをうれしそうに見せる大野
3日早い誕生日を祝ってもらい、バースデーケーキに飾られたワッペンをうれしそうに見せる大野画像一覧

ちなみに、現在演じているキースについては、「トラブルばかり起こして『何だこいつ?』と思ってる方が多いと思いますが、15週目では『キースかっこいいじゃん!』と見直すほど活躍しますので、ぜひお楽しみに」という、力強い予告も。演技もプライベートも「大阪の芸人」度が上がる大野に、これからますます注目だ。

取材・文・写真/吉永美和子

連続テレビ小説『わろてんか』

日程:2017年10月2日(月)〜2018年3月31日(土)
URL:http://www.nhk.or.jp/warotenka/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ