神戸で、日本酒と音楽に酔いしれる一夜

2017.10.27 08:00

創業350周年 ヤヱガキ酒造 presents『音うらら』Vol.5

(写真2枚)

姫路の酒蔵「ヤヱガキ酒造」が創業350周年を記念し、ライブを楽しみながら日本酒を味わえるイベント『音うらら』を、11月17日に「KIITO」(神戸市中央区)で開催する。

1年を通して音楽と日本酒の魅力を伝えることを目的として、これまで広島や香川の会場でイベントを開催してきた「ヤエガキ酒造」。過去には、Predawn、青葉市子、キセルといったアーティストたちを迎えておこなってきた。第5弾となる今回は、大阪出身のバンド・bonobosのボーカル&ギター、蔡忠浩によるライブとともに、おいしい日本酒が振る舞われる。

bonobosのボーカル&ギター、蔡忠浩
bonobosのボーカル&ギター、蔡忠浩

当日は奈良・生駒のカフェ「MAHO-ROBA」が出店し、「八重垣 純米」や「ヤヱガキ エクストラスイート」など「ヤヱガキ酒造」の日本酒やそれに合う特別フードが登場。会場は「KIITO」新館2階に今春オープンした「STAGE FELISSIMO」。料金は3500円(当日4000円・ドリンク代別途要)で、予約など詳細は公式サイトにて。

創業350周年 ヤヱガキ酒造 presents『音うらら』Vol.5

日時:2017年11月17日(金)・20:00〜
会場:STAGE FELISSIMO(神戸市中央区小野浜町1-4 KIITO 新館2F)
料金:前売3500円、当日4000円(ドリンク代別途要)
電話:080-3136-2673(Cow and Mouse)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本