海外で「礼」に驚かれた、太鼓集団鼓童
2017.10.16 8:00

アメリカツアー(2017年1月〜3月)が盛況だった太鼓芸能集団・鼓童の『打男』。その国内ツアーが10月からはじまり、関西では11月に京都・大阪でおこなわれる。来阪したメンバーの坂本雅幸、大塚勇渡、北林玲央に話を訊いた。

鼓童メンバー。左から坂本、大塚、北林
鼓童メンバー。左から坂本、大塚、北林画像一覧

海外の観客からは「美しい」という声が多かったという本作。「指揮者もいないのに『礼(おじぎ)』もピタッと合わせますが、あれは海外でも驚かれます。展開も多いので、わかりやすく、反応はすごく良かった」と坂本は話す。「演者の心と共感してくれる歓声も多くて、次一発打つぞってところで『ウォッ!』てきたり。こっちが熱くなってくると、客席も熱さを感じるようでした」(北林)。

このツアーを最後に鼓童の卒業を発表した坂本
このツアーを最後に鼓童の卒業を発表した坂本画像一覧

『打男』に初演から参加する坂本は、「2009年の初演では7人。きっかけは(演出をつとめた坂東)玉三郎さんから、僕ら若手に大太鼓の稽古をつけていただいていたんですよ。先輩のパワーヒッターたちと夜な夜な稽古をやっていたので、このメンバーで何かやってみたら、とはじまった」という。本公演では12名が舞台に立ち、「本当に打楽器だけでメロディも叩く、全部叩く。2時間打ちっ放しです(笑)」。

今の鼓童の形を作った公演とも言い、「今は若手の登竜門として、いい意味で修業のようになってますが、当初は何にでもチャレンジできる実験の場でもあり、これ大丈夫か、こんなことしていいんだろうかってことばかりだった」と当時の心境を明かす。

「いろんな太鼓の音とか表現の幅を楽しんでいただけると思います」と大塚
「いろんな太鼓の音とか表現の幅を楽しんでいただけると思います」と大塚画像一覧

息の合った舞台で魅せる彼ら。2016年に正式メンバーとなった同期の大塚と北林は、「(研修生として)同じ2年間を過ごした仲間と、そこで指導してくださる先輩と、年間通してほとんど一緒にいるんです。いろんな作業を通して共通の意識が芽生え、舞台に立つと、『ここでいくぞ!』ってみんな合うんですよ」とその結束力を話す。

京都公演は11月8日に「ロームシアター京都」(京都市左京区)、大阪公演は11月11日・12日に「新歌舞伎座」(大阪市天王寺区)にて。チケットは各プレイガイドで発売中。

鼓童『打男 DADAN 2017』

日程:2017年11月8日(水)
会場:ロームシアター京都(京都市左京区岡崎最勝寺町13)
料金:6000円
電話:0259-86-2330(鼓童チケットサービス)
URL:http://rohmtheatrekyoto.jp/program/5884/

日程:2017年11月11日(土)・12日(日)
会場:新歌舞伎座(大阪市天王寺区上本町6-5-13)
料金:S席6000円、A席4000円ほか
電話:06-7730-2222(新歌舞伎座)
URL:http://www.shinkabukiza.co.jp/perf_info/s20171111.html

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ