神戸地酒・福寿の新酒祝う、蔵開き開催
2017.10.2 14:00

古くから蔵元が集まる日本一の酒どころ、灘五郷の地で宝暦元年(1751年)から続く酒蔵「神戸酒心館」(神戸市東灘区)。こちらで醸造される灘の地酒「福寿」の新酒誕生を祝うイベント『福寿 蔵開き』が、11月18日・19日の2日間開催される。

過去開催のようす
過去開催のようす。酒米生産地の農家が作る野菜の販売市や、有馬温泉の足湯体験もおこなわれる画像一覧

秋より開始される酒造りは、米洗いや仕込み作業を経て約1カ月で新酒が誕生。それを祝い、この時期に蔵元で開催される「蔵開き」には、毎年多くの人々が来場。今回は、しぼりたての新酒やにごり酒の試飲・販売をはじめ、酒粕を使った「酒屋鍋」や、須磨漁港から届く魚介類の炙り焼き、揚げたて天ぷらなど、日本酒に合う料理を屋台で提供。まさに日本酒ざんまいの1日を過ごすことができる。

鏡開きの後は振る舞い酒がおこなわれる
鏡開きの後は振る舞い酒がおこなわれる画像一覧

そのほか、鏡開きのあとに振る舞い酒(各日先着100人)や、蔵人による「福寿蔵」の酒蔵見学(当日予約受付)などが体験できる。広報担当者は「お酒好きな方はもちろん、ご家族、ご友人らと来館され、楽しんでおられます。日本酒をただ味わうだけでなく『知って味わう』ことで、日本酒という伝統文化の奥深さを多くの人々に触れていただきたい」と話す。両日10時から16時まで。入場無料。

第21回『福寿 蔵開き』

日程:2017年11月18日(土)・19日(日)
時間:10:00〜16:00
会場:神戸酒心館(神戸市東灘区御影塚町1-8-17)
料金:入場無料
URL:http://www.shushinkan.co.jp

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ