松田龍平「長澤まさみに引っ張られた」

2017.8.30 23:00

映画『散歩する侵略者』の舞台挨拶に登場した松田龍平(30日・大阪市内)

(写真2枚)

劇団イキウメの人気戯曲を黒沢清監督が映画化した『散歩する侵略者』。その先行上映会が30日、「大阪ステーションシティシネマ」(大阪市北区)で実施され、キャストの長澤まさみと松田龍平、メガホンをとった黒澤監督が登場。舞台挨拶をおこなった。

松田が演じたのは、妻・鳴海(長澤)に「地球を侵略しに来た」と突然告白する、フワフワとした不思議な侵略者の役。「全然地球のことがわからない侵略者で、ある意味子ども。ある日突然、夫が子どもみたいになるので、長澤さんが怒るということなんですけど、台本で想像してた以上に長澤さんが怒っていて。こんな怒るんだと思って」とコメント。

本作が初共演となった長澤まさみ(左)と松田龍平(30日・大阪市内)

また、「今回は、長澤さんにグイグイ引っ張ってもらいました。(設定上の)役もそうですけど、宇宙人で侵略者という役をどこか探り探りやっていて。どこか道標を探していて。それが長澤さん演じる鳴海だった。あと、とにかく明るくてマイペースな方なんで、自分もそういう風にいられた」と語った松田。本作は9月9日から公開される。

映画『散歩する侵略者』

2017年9月9日(土)公開
監督:黒沢清
出演:長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己、ほか
配給:松竹・日活

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本