肉界の新潮流、苦楽園に放牧牛の店
2017.8.15 12:00

国内で飼育されている肉牛の1%未満という希少な放牧牛を味わえる精肉店「GOODGOODMEAT 芦屋/苦楽園」(兵庫県西宮市)が、阪急・苦楽園口駅近くに7月末にオープン。さっそく注目を集めている。

苦楽園口駅から徒歩3分、舌のこえた地元客などが早くもリピーターに画像一覧

国内の肉牛は、牛舎で穀物を与えられて霜降り肉に仕上げられるのが代表的だが、牛は本来4つの胃で草を消化することで知られる草食動物。そこで、大自然のなかで自由に牧草を食べ、適度な運動と日光を十分に浴びるという飼育スタイルが、ストレスのない健康な牛を育てるとして脚光を浴びている。この「GOODGOODMEAT」では、ほぼ流通することのないこの放牧牛がガラスケースにズラリとならぶ。

気になるその味は、強い旨味が感じられ脂にはコクと香りがあり、それでいてさっぱり。程よい弾力が特徴で、噛めば噛むほど甘みと味が染みわたり、そのおいしさに驚くほど。低脂肪、低カロリーで、健康志向の高まりにもマッチする。一般的な「サシ」が多く口にするととろけてなくなるようなタイプとは、一線を画すものだ。

牧草を食べて育つ「襟裳短角牛」サーロイン(100g・1300円)は、脂が重くないので80代のご婦人も軽くペロリ画像一覧

同店を営むのは、貿易やITなど異色の経営者たち。肉好きが高じて、北海道の放牧豚の牧場を取得してしまったほど肉愛にあふれ、店頭ではその肉の背景や調理の仕方などを熱く語ってくれる。創業者の野々宮秀樹さんは「おいしくて安全なお肉を、毎日食べられる価格で提供したい。そしてたくさんの方に放牧牛を知ってもらえれば」と話す。

店内にはイートインスペースもあり、絶妙な火入れのステーキ(200g・1800円~)や、放牧牛100%のハンバーグ(1500円)、十勝放牧豚ロースステーキ(1500円)など、糖質制限にも対応したメニューがスタンバイ。お肉に合うワインなどの飲み物とともに堪能できる。営業は金土日のみで、10時から22時(当日分販売終了まで)。

オシャレな店内のイートインスペースでは、ステーキとクラフトビールを味わうお客さんの姿が。残ったボトルワインはテイクアウトも可画像一覧

取材・文・写真/太田浩子

「GOODGOODMEAT 芦屋/苦楽園」

2017年7月29日オープン
住所:西宮市南越木岩町11-6 苦楽園エクセルビル1F
電話:0798-78-2224
営業:金〜日曜のみ・10:00~22:00(当日分販売終了まで)
URL:http://meat.goodgood.jp/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ