おしゃれ、関西初のフルーツ in ティー

2017.7.7 07:00

左からビューティーストロベリー+アロエ、リカバリーラズベリー+オーギョーチ、オアシスライチ+カラータピオカ。カスタマイズされたスペシャルメニューは3種、タンブラー込み各1000円

(写真4枚)

紅茶ブランド「リプトン」が、紅茶やフルーツをカスタマイズして楽しめる新感覚のアイスティー「Fruits in Tea(フルーツ・イン・ティー)」を提供する専門店を、大阪・梅田の地下街「ディアモール大阪」(大阪市北区)に7月7日に期間限定オープンする。

昨年、東京で期間限定オープンした時は、2時間半待ち200人の行列を作ったという人気ドリンク。まずアイスティーを選び、ベースとなるフルーツと、トッピングするフルーツをチョイスし、アクセントフードと好みのシロップを選んでカスタマイズするというもの。アクセントフードとは、アロエやタピオカ、オーギョーチ(愛玉子)といった食感を楽しめるアイテムだ。

イエローを基調としたスタンド。お替わりできるアイスティーは3種あり、自分でサーバーから注ぐ
イエローを基調としたスタンド。お替わりできるアイスティーは3種あり、自分でサーバーから注ぐ

飲み終わっても紅茶のお替わりは自由。店内にイスはないが、ディアモールのフリースペースでゆっくりと楽しめる。太めのストローで、フルーツやミントをつぶしながら飲むと、香りが立ってさらにおいしく。エルダーフラワーやココナッツなど7種類のシロップによっても味わいが違ってくるので、40000通りのなかから、好みの組み合わせを見つけたい。カップ600円、タンブラー1000円。期間は8月31日まで。

『Lipton Fruits in Tea Cold Brew Summer OSAKA』

2017年7月7日(金)〜8月31日(木)
住所:大阪市北区梅田1 ディアモール大阪
営業:10:00〜21:00(20:45LO) ※8/23休

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本