大阪・万博誘致のロゴマークが決定

2017.6.7 18:00

2025年の国際博覧会(万博)の大阪開催を目指す万博誘致委員会(会長:榊原定征経団連会長、会長代行:松井一郎大阪府知事)は7日、誘致ロゴマークを決定したと発表した。

ロゴマークは、プロ・アマ問わず、3月27日から5月1日にかけて公募さた1331作品のなかから選定。6月1日の最終候補3作品発表の前には、2020年の東京オリンピック・パラリンピックのエンブレム騒動を教訓に、商標権・著作権調査も実施。今回、選定委員の意見と一般投票などを経て、決定に至った。

最優秀賞に選ばれたのは、アートディレクター・デザイナーの大川幸秀(おおかわ・ゆきひで)さん。「絵文字」をモチーフに、ニッコリと笑った人々が世界から集まってくるイメージで表現している。受賞に際し、「子どもや世界各国の人々にも伝わるようにという思いで制作したので、誘致においてみなさんに親しんでいただけるとうれしいです」とコメント。同ロゴマークは、13日から14日にかけてパリでおこなわれる博覧会国際事務局(BIE)総会での招致プレゼンテーションほかで使用される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本