宮澤エマ、トニー賞4冠舞台でヒロイン
2017.3.10 8:00

主演の市村正親が「8回殺される!?」とインパクトのあるキャッチコピーがついたコメディタッチのミュージカル『紳士のための愛と殺人の手引き』。本作でヒロイン・フィービーを演じる女優の宮澤エマが、大阪市内でおこなわれた会見で作品の見どころを語った。

宮澤は、貴族のひとりヘンリーの妹で、兄を殺されながらもモンティと惹かれ合うフィービーを演じる
宮澤は、貴族のひとりヘンリーの妹で、兄を殺されながらもモンティと惹かれ合うフィービーを演じる画像一覧

物語は、1900年頃のイギリスを舞台に、家督相続を狙うモンティ(ウエンツ瑛士と柿澤勇人のWキャスト)が、市村演じる8人の貴族をあの手この手で排除していくドタバタコメディ。2014年のトニー賞受賞の同作品をブロードウェイで鑑賞したという宮澤は、「ブリティッシュユーモアがたくさん入っていて、イギリス人の感性って日本人の感性に似ているなと。作品には感情移入するまでもない強烈なキャラクターが次々と出てきて、あまりいい人じゃない上流社会の貴族が退治されていく感じがどこか痛快」とその魅力を話す。

「悪い人だから殺されて良いというわけではないですが、一番上で輝いている人が地に落ちるのを見たいとどこかで思っているはず(笑)」と宮澤
「悪い人だから殺されて良いというわけではないですが、一番上で輝いている人が地に落ちるのを見たいとどこかで思っているはず(笑)」と宮澤画像一覧

コメディ作品とはいえ殺人を扱うと笑えないのでは?という問いには、「自分の手が一番汚れないのは毒を盛ることかも知れませんが、予定通りにはいかない。それが意外な、というかこんなに簡単に!?という方法で、一番最初の殺人が起こる。そこが一番の驚きでした。そして人が死んだのに笑ってる自分がいたんです。おそらくお客様もそこから楽に見ていけるんじゃないかな」と、殺人を笑い飛ばせる舞台になっているという。大阪公演は5月4日から7日まで、「梅田芸術劇場メインホール」(大阪市北区)にて。チケットはS席13500円、A席9000円、B席5000円、各プレイガイドで発売中。

ミュージカル『紳士のための愛と殺人の手引き』

脚本・歌詞:ロバート・L・フリードマン
音楽・歌詞:スティーブン・ルトバク
原作:ロイ・ホーニマン
翻訳:徐 賀世子
訳詞:高橋亜子
日本版演出:寺﨑秀臣
出演:市村正親、ウエンツ瑛士/柿澤勇人(Wキャスト)、シルビア・グラブ、宮澤エマ、春風ひとみ、ほか

日程:2017年5月4日(祝・木)~7(日)
会場:梅田芸術劇場メインホール
料金:S席13500円、A席9000円、B席5000円(全席指定)
※未就学児入場不可
電話:06-6377-3800(梅田芸術劇場メインホール )
URL:http://www.umegei.com/schedule/595/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ