大阪のホテルで、お花見ビュッフェ
2017.3.3 7:00

「大阪新阪急ホテル」(大阪市北区)のグルメバイキング「オリンピア」にて、エビ、鯛、アワビにイチゴなど、春の食材を使った旬の料理が、3月1日より楽しめる。

「プランターに見立てたローストビーフと生ハム」は、ローストビーフをたっぷり詰めたセサミブレッドをスライスし、軽く焼いてからサービス
「プランターに見立てたローストビーフと生ハム」は、ローストビーフをたっぷり詰めたセサミブレッドをスライスし、軽く焼いてからサービス画像一覧

ユニークだったのが「プランターに見立てたローストビーフと生ハム」のホットサンドイッチ。パンの中に肉がぎっしりで、花びらも添えられてサービス。また、「鮑のステーキ 春色菜の花ソース」は、プリッとした新鮮な鮑が丸ごといただける贅沢メニューで、菜の花のソースがアクセントに。

シェフイチオシメニューを並べて。中国料理は、赤海老の甘酢、エビマヨ、イカチリを盛り合わせたひと皿。日本料理は、鯛の出汁しゃぶや、しらすと桜海老の春海茶碗蒸しなど。
シェフイチオシメニューを並べて。中国料理は、赤海老の甘酢、エビマヨ、イカチリを盛り合わせたひと皿。日本料理は、鯛の出汁しゃぶや、しらすと桜海老の春海茶碗蒸しなど。画像一覧

人気のステーキや寿司、天ぷらといった焼きたて、揚げたてのメニューに加えて、「お花見」をコンセプトにした和・洋・中のごちそうが、期間限定で登場。桜の開花を待たずして、いち早く、お花見気分を満喫できるとあって、初日は平日にもかかわらず、若い女性やカップル、子連れのファミリーなど、多くの人でにぎわっていた。

ストロベリーキャッスルから流れ出る、イチゴのチョコソースをなじませる中西シェフ
ストロベリーキャッスルから流れ出る、イチゴのチョコソースをなじませる中西シェフ画像一覧

パフォーマンス・デザートには、「いちごのお城」が登場。パティシエの中西さんが、フォンデュタワーにチョコレートを流し込むと、ロールケーキにチョコの手がついた、イチゴの兵隊さんがぴょんぴょんと現れて・・・。『ホテルdeお花見 いちご摘み』は5月31日まで、大人3000円より。

『ホテルdeお花見 いちご摘み』

期間:2017年3月1日(水)〜5月31日(水)
時間:11:30〜13:10、13:30〜15:10、15:30〜17:10(土日祝)、17:30〜19:10、19:30〜21:10
会場:大阪新阪急ホテルB1グルメバイキング「オリンピア」(大阪市北区芝田1-1-35)
料金:大人3000円〜、子ども(4歳〜小学生)1200円〜 ※時間帯によって異なる
電話:06-6372-5240
※学割プランや、母の日ウィークなど、お得なプランは公式サイトにて
URL:http://olympia.hankyu-hotel.com/

  
  • facebook
  • twitter
  • はてブ